有線In vivo記録の次世代システム

ME2100 in vivoレコーディングシステム



In vivo有線記録の次世代版

 

ME2100 は有線In vivo 記録の次世代システムです。32 チャンネルのヘッドステージの先端にアレー電極を接続し、ヘッドフィクスした動物にアプローチします。従来の有線システムとの違いは、どの電極からでも刺激ができることと、リアルタイムフィードバックにディレイなくより高速に刺激と記録を同期することができます。32 チャンネルのヘッドプローブは最大8 つまで接続することができるため拡張性の高さも兼ね備えています。


32チャンネルヘッドステージ
 

ME2100 専用の32 チャンネルヘッドステージです。アンプ、刺激装置、A/D 変換器も内蔵されているため、低ノイズでの測定が可能です。


最大256チャンネル測定(8ヘッドステージ)

 

ME2100システムは通常1台のシグナルコレクターを備えており、1台で4つのヘッドステージ、2台で8つのヘッドステージを取り付け測定することができます。最大32 x 8の256計測を同時に行うことが可能です。


リアルタイムフィードバック

 

ME2100 システムのヘッドステージには刺激装置が内蔵されており、ソフトウェアから刺激電極を選んで刺激を行なうことができます。またリアルタイムフィードバック機能によりディレイなく刺激が出力されます。


純正の電極や他社のプローブも使用できます

 

ME2100 システムのヘッドプローブにはMCS 純正のFlex-MEA や他社(NeuroNexus やATLAS Neuroengneering)のMEA プローブを使用することができます。他社のプローブを使用する際は専用のAdaptor が必要になります。

FlexMEA:フィルム型MEA

Omneticsコネクター用アダプター


仕様

 
チャンネル数 32, 64, 96, 128, 256
バンド幅 DC - 10 kHz (ソフトウェアで可変)
分解能 24 bit
サンプリングレート 最大50 kHz
ケーブル長 3, 5, 10 m (ご注文時指定)
出力電流 ±1.5 mA
デジタル出入力 4チャンネル
インターフェース USB3.0, Windows 7, 8.1, 10

 

オーダーインフォメーション

 
型式 製品名
ME2100-System ME2100システム
・MCS-IFB インターフェース
・MCS-SCU シグナルコレクター
・ソフトウェア
※専用のヘッドステージは別売りです
MEA2100-HS(-xm)
※xは5または10です。
指定なしの場合はケーブル長は3mとなります
ME2100-32chヘッドステージ