最大1024チャンネルまで拡張可能なマルチスパイク高速サンプリング記録解析システムです

TDT

RZ2 マルチチャンネル神経生理学システム



RZ2 ベースステーション



特徴

  • 記録チャンネル数: 最大256ch
  • サンプリングレート: 50kHz(~128ch)、25kHz(~256ch)
  • 外部ノイズの干渉を受けない光ファイバー通信
  • 豊富なリアルタイムI/O - 自在なタスク制御
  • 汎用±10Vアナログ入力8、拡張可能
  • ミシガンプローブ、ユタプローブ、Uプローブ対応

ZifClipヘッドステージ
  • 電極の脱着が簡単-従来式は脱着時に電極部分に過度の力がかかりますが、ZifClipはワンプッシュで脱着できます。
  • x1ボルテージフォロワ内蔵
  • 高入力インピーダンス
  • 16/32/64/96/128ch有
  • ミシガンプローブ対応、他各種アダプタ有

Synapseソフトウェア
  • オンラインスパイク処理用
  • PCAソーティング
  • Box型ゲートソーティング
  • スパイク/LFP/EEG用オンラインフィルタ
  • スパイクオーディオモニタ
  • ノイズ除去フィルタ

in vivoのスパイク記録は近年急速に多チャンネル化の需要が上がり、コンパクトで高い処理機能を持つ装置の開発が求められてきました。TDT社のRZ2システムは本体に最高8個の高速DSPを内蔵しており、最大256chの神経活動データをリアルタイムスパイクソーティング処理を実行しながら記録します。Windows OSに依存しない真のリアルタイム処理が可能なため、単に神経活動の記録装置でなく、豊富なアナログ/デジタルIOを介して複雑なリアルタイムタスク制御を行えるという他社製品にない大きな特徴を持っています。
高性能リアルタイムDSPとノイズが極めて少ないバッテリー駆動型プリアンプを高速光ファイバーで接続しています。全チャンネルが同時サンプリングされ、スパイク波形をリアルタイムで分別解析します。


RZ2 ベースステーション 仕様
  RZ2-8 RZ2-4  RZ2-2
DSP 400MHz 8DSP
2.4GFLOPS
400MHz 4DSP
2.4GFLOPS
400MHz 2DSP
2.4GFLOPS 
メモリ 512MB SDRAM 256MB SDRAM 128MB SDRAM
チャンネル数 256ch 128ch 64ch
デジタルI/O 24bit
A/D 8ch、24bitシグマデルタまたは16bit PCM
D/A 8ch、24bitシグマデルタまたは16bit PCM
光ファイバーポート PZ2通信用 x 1 (~50kHz/ch)
~16ch x 2 (~25kHz/ch)

プリアンプ

PZ2 マルチチャンネルプリアンプ
PZ5 ニューロデジタイザー
仕様
  PZ2 PZ5
A/D ~256ch ~128ch
最大入力電圧 10mV 500mV
S/N(typical) ~73dB ~104dB
入力インピーダンス 100KΩ 1GΩ
周波数特性 0.2Hz~9kHz 0~10kHz
バッテリー 26h @ 32ch 50h @ 32ch

RS4 データストリーマー


256ch以上のデータ記録が必要な場合、RS4データストリーマーを追加すると最大1024ch(@25kHz)のデータを継続的に記録できます。RZ2のデータはRS4に直接ストレージされ、データストリーミングの負荷をRZ2から除くことでRZ2のパフォーマンスが向上します。


型式 品名
RS4-1 データストリーマー 4テラバイト(RZDSP-S x1必要)
RS4-4 データストリーマー 8テラバイト(RZDSP-S x4必要)
RZDSP-S RS4対応DSP(RZ2用)
マイクロワイヤーアレー
  • 剣山型電極アレー - TDT社製
  • タングステン電極、Ø50um or 33um
  • 長さ、電極間隔、先端角度を指定可
  • 16、32、64ch有
  • コネクタ: ZifClip / Omnetics

システムの構成例(128chの場合)
型式 品名 個数
RZ2-8 Zシリーズ ベースステーション 8DSP 1
PZ5-128 128ch ニューロデジタイザー 1
ZC64 64ch ZifClipヘッドステージ 4
PO5e ギガビットPCIカード(w/optics) 1
MW64 64chマイクロワイヤーアレー 2
Synapse Suite シナプスソフトウェア 1
OS1 オープンソーターソフトウェア 1