LabChartソフトウェアは、PowerLabデータ収録解析システムの付属ソフトウェアです。操作が直感的に簡単に行えるにもかかわらず、数多くの優れた解析・表示機能を持っており、幅広い用途の信号のオンライン・オフライン解析に対応できます。

最新のWindows、そして、Macでも使用できます!

ソフトウェアは、Windows版とMac版の両方が付属され、同一のライセンスコードでどちらも使用することができます。データの互換性もありますので、Windowsで記録したデータをMacで解析することも可能です。また、常に新しく更新されるLabChartは、Windows 10やMac OSXの最新版にも素早く対応しています。
*推奨システム環境に関しましては、サポートページをご参照下さい。

様々なパラメータをリアルタイムで表示!

チャンネル演算

LabChartは、最大32チャンネルまで表示することができます。シグナルを記録していないチャンネルを用いて、様々なチャンネル演算を適用することで、必要なパラメータの数値や波形をリアルタイムで表示することができます。
  • 算術演算
    チャンネル間の四則演算を始め、RMS 波形など波形に対して、自由に数式を適用できます。
  • サイクル演算
    波形のピークを自動検出!

    レートやサイクルごとの最大値/ 最小値などの数値や波形を、
    リアルタイムで表示します。波形や対象動物に応じたプリセット設定があり、ピークを確実に検出します。
  • デジタルフィルタ
    波形のフィルタリング!
    様々なフィルタリングをソフトウェア上で適用!
    記録後でも、設定を調整できるので、最適な設定を検証可能。
     ・ハイパス
     ・ローパス
     ・ノッチ
     ・ナローバンド など
  • スペクトラム
    指定した帯域のパワースペクトルや関連するパラメータを表示。
  • 微分
    微分波形、加速度波形
  • 積分
    積分波形
  • 平滑化
    移動平均により波形を滑らかに表示します。

多彩な表示機能

様々な表示機能を持っているので、実験に応じた最適な方法で記録波形を表示することが可能!リアルタイムモニタリングの用途でも使うことができます!

  • チャンネルごとに縦軸の拡大・縮小表示。波形に合わせた自動調整も可能!
  • 時間軸の拡大・縮小。異なる時間軸尺度の波形を並べて2 画面表示! 
  • 瞬時値を大きくモニターすることも可能!
  • 波形から抽出したパラメータをリアルタイムでグラフ化(折れ線グラフ、棒グラフ、ヒストグラム、散布図)!

外部機器との連動

入力シグナルの閾値を設定して、外部機器を作動させたり、アラーム音を出せます。

また、TTLトリガー入力を受けて、記録を開始できます。シグナルレベルトリガーだけでなく、プレトリガー、ポストトリガーなど豊富なトリガー機能を備えています。

*無償のAdd-on「Event manager」エクステンション 使用時


実験中のイベントを記録!

コメント機能

  • ウィンドウ上部にあるコメント欄に任意の文字を入力してenterキーを押すだけで、測定中の波形上にコメントを挿入することができます。
  • 測定中もリアルタイムで抽出した値を表示させることも可能!
  • プリセットコメント
    予めコメントの内容を記録することで、測定中に、コメントを打ち込む必要はなく、ショートカットキーを押すだけで、コメントを追加できます。ドーズレスポンス実験などで、特に、役に立ちます。

数値抽出・解析に便利な表形式!

データパッド

波形から必要なパラメータの数値を抽出し表形式で表示!

  •  指定した条件で自動的にデータを追加!ワンタッチ!
      ・指定した時間ごとに
      ・サイクル演算で検出させたピークごとに
      ・コメントごとに
  • 測定中もリアルタイムで抽出した値を表示させることも可能!。
  • カラムごとに抽出させるパラメータを設定可能。幅広いパラメータから必要な項目のみを選択できます。
  • 抽出したデータは、そのままExcelに移動可能。更なる統計解析にも役立ちます。

波形の加算平均・重ね書き表示!

Scopeビュー

  • オシロスコープのように波形をページごとに表示!
    指定した条件でページ分けできます。
      ・刺激のタイミングに同期させて
      ・サイクル演算で検出させたピークごとに
      ・コメントごとに
  • 波形の重ね書きも簡単に表示! 
  • 指定した数の波形の平均化はもちろん、測定中に、予め指定した数の波形を加算平均しながら、リアルタイムで表示することも可能です! 

リアルタイムでグラフ作成!

プロットビュー

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

データパッド上の数値を元に、LabChart上で様々なグラフ(散布図・折れ線グラフ・棒グラフ・ヒストグラム・カーブフィット)を作成できます。
測定中に、リアルタイムでデータパッドに数値を追加し、グラフ表示することも可能です!


± 10V までの刺激出力波形のカスタマイズ

スティムレータ機能

±10Vまでの刺激出力を調整できます!

  • 電圧・パルス幅・ディレイなど見やすいインターフェースで簡単に設定できます。
  • マーカチャンネルで、刺激のタイミングを表示できるので、記録波形との同期にも問題なく、解析もスムーズに!
  • 測定中でも刺激の設定を簡単に変更可能です!
  • パルス波だけでなく様々な波形を出力可能なので、それらをカスタマイズして任意の刺激波形を作成することができます。


拡大表示やプレゼン用に!

ズームビュー

波形上の任意の選択範囲を拡大表示!

  • 拡大したい範囲を選択して拡大表示。点線表示や線の太さなど表示形式も調整
  • 複数チャンネルの波形の重ね書き表示も可能!
  • マーカMを用いて、任意の点からの振幅や経過時間を正確に測定できます。

  • プレゼンテーション用に見やすくするために、波形の表示設定を変更できます!
    プリンタで波形を印刷したり、
    PowerPoint に貼り付けるだけでなく、グループ解除して、更に見やすく編集できます。

周波数解析に!

スペクトラム機能

FFT(高速フーリエ変換)により算出されたPSDプロットとスぺクトログラムプロットが表示されます。スぺクトログラムプロットは、横軸に時間、縦軸に周波数をとり、各周波数の強度分布を色で表示しています。複数チャンネルのスペクトラムを、PSDプロット上では重ね書きで、スペクログラムでは分割表示されます。

面倒な反復作業を自動化!

マクロ機能

解析の際、同じような作業を反復して繰り返さなければならない場合、マクロ機能を用いることで、ワンタッチでその解析が行えるようになります。

  • 単純な反復作業を省くことによって、簡単に解析でき、時間効率が高まります
  • VBA の知識は必要なく、マウスによる選択を記録させる形で簡単にマクロを記録することができます。マクロの設定や作成手順に関しましても、丁寧にサポート致します。
  • マクロの活用例

   ・データを閾値で検索して、コメントを追加する。
   ・波形の立ち上がりポイント~ピーク時までの時間をデータパッドに追加。
   ・3 時間おきに、データを保存する。


他のソフトウェア/ 機器との互換性

様々な形式での書出し・読み込み

記録したデータをMatlab 形式やIGOR 形式で出力したり、他の機器で出力したテキストデータなどの読み込みが可能。

保存形式
読み込み形式

複数台のPowerLabを連結する際に使いやすく

入力チャンネルをカスタマイズ

  • PowerLab の入力を、LabChart 上のどのch で記録をするかをカスタマイズできるので、より使いやすいように設定できます。
  • 複数台のPowerLab を1 台コンピュータに接続している場合や、LabChart Compatible デバイスを用いているような場合でも、どの入力をどのch に記録させるか細かく設定できます。

無償のReader ソフトウェア

LabChart Reader

LabChart Reader は、無償でダウンロード、インストールができるソフトウェアです。(インストーラは、こちらから Win / Mac
LabChart で記録されたデータファイルを開き、LabChart で行えるほとんどの解析を行えます。
【LabChart Reader でできないこと】
 ・新たなデータの記録
 ・解析したデータの保存
 ・モジュールやエクステンション機能を使った解析
【LabChart Reader でできること】
 ・上記以外のほとんどの解析
 ・ 様々なパラメータの数値データの抽出しExcel にコピーペースト
 ・ ズームビューに表示させた波形画像をPowerPoint やWord にコピーペースト
LabChart を持っていない共同研究者や学生などに、LabChart ファイルを共有するのに便利です。

記録・解析の幅を広げる!

多彩なAdd-Onソフトウェア

LabChartには、記録や解析機能を拡張させるAdd-Onソフトウェアがあります。

に分かれており、豊富な種類が用意されています。

また、全てのモジュールを使用することができる「LabChart Pro」というパッケージ製品を購入すれば、より便利に記録・解析を行うことができます。


型式 品名
MLS060/8 LabChart ソフトウェア V8
MLS260/8 LabChart + LabChart Pro ソフトウェア v8
MLU60A/8 LabChart ソフトウェア V8 追加シート
MLU60/8 LabChart アップグレード(v7 → v8 へのアップグレード)
MLU60M/8 LabChart v8 マルチアップグレード
(v4, v5, v6 → v8 へのアップグレード)
MLU260/8 LabChart Pro V8(LabChart は別売)
MLU260A/8 LabChart Pro V8 追加シート
MLU260M/8 LabChart Pro V8 マルチアップグレード
(Chart v4, v5, v6, v7 → LabChart v8+LabChart Pro)
LCS100/8 LabChart 教育シングルインストールライセンス
LCS110/8 LabChart + LabChart Pro 教育シングルインストールライセンス
LCU110/8 LabChart Pro 教育シングルインストールライセンス

 

*LabChart ソフトウェア(研究用ライセンス)は、1 シングルユーザラインセンスにつき、同時期にコンピュータ最大3 台までインストールできます。
 さらにインストールする場合には「追加シート」が必要です。

*教育シングルインストールライセンスは、1 ライセンスにつき、コンピュータ1 台までのインストールが可能です。
 教育向けであり、研究(論文発表、研究発表)を目的とした実験には利用できません。

*LabChart 教育シングルインストールライセンスと(研究用)LabChart Pro は組み合わせることができません。
 LabChart 教育シングルインストールライセンスには、LabChart Pro 教育シングルインストールライセンスをご利用下さい。