小動物(マウス、ラット、モルモット)の心臓の潅流と機能のモニタリング用総合システム

ランゲンドルフシステム




ランゲンドルフシステムは小動物の摘出心臓の研究に使用します。大動脈からカニュレーションして冠状動脈へ栄養液を潅流させ、摘出心臓の機能をモニターします。従来のランゲンドルフ実験装置は複雑な構造でしかも潅流液を一定圧に保つために高い位置に設置する必要がありました。ADInstruments社のランゲンドルフシステムは、STHポンプコントローラにより流速と圧力を制御できますので、高所にリザーバーを設置したり、高価なフローメータを必要としません。リザーバーはサーモスタット付きの二つのコンパートメントになっておりますので、異なる潅流溶液を使用できます。
ランゲンドルフシステムではTタイプ温度ポッドとIT-18熱電対温度プローブで潅流液の温度と心臓の温度がモニターできます。外部スティムレータを制御するPowerLabのアナログ出力を使って心臓をペーシングします。

 

  • セットアップと操作が簡単で、作業時間を短縮できます
  • 一定流速と一定圧を、ボタン一つで切り替え可能
  • ウォーターバス、ウォータージャケットジャンクションボックス、ハートチャンバーの温度を制御
  • 冠状動脈の流速と潅流圧をモニター、記録、表示します
  • 左心室圧(LVP)、潅流圧、冠状動脈流速、ECG、心拍数、温度などを測定します

体血圧、左心室圧、フロー、温度を記録したラットの心臓潅流実験。

Peak Analysisモジュールを使って、ピークの高さ、幅、スロープ、様々な時間成分などのパラメータを演算。




PL3508B2 ランゲンドルフシステムの構成
型式 品名
PL3508 PowerLab 8/35
MLU260 LabChart Pro モジュール
ML176 温度コントローラ付きランゲンドルフチャンバー
ML172B Minipuls-3 ペリスタポンプ
IN175 STH ポンプコントローラ
FE221 ブリッジアンプ× 2
MLT844 圧力トランスジューサ× 2
FE231 バイオアンプ
MLA1214 スプリングクリップ電極
MLA1212 マイクロフック電極
ML312 T タイプ温度ポッド
MLT1401 IT-18 熱伝対温度プローブ
MLA2001 ランゲンドルフアクセサリーキット