マウスの摂餌および運動を任意の時間で制限するシステムです。

摂食回転制御システム



マウスの摂餌および運動を任意の時間で制限するシステムです。運動生理学、代謝研究、睡眠研究といった分野に活用できます。

システムは摂食制限ユニット、ホイールユニット、回転センサーユニットからなる3つのユニットで構成されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

摂食制限ユニット

 

TTL 信号を受けている間シャッターを閉じます。これによりマウスの摂餌のスケジューリングを行うことができます。餌箱は着脱可能で、重量を測ることで摂餌量を知ることができます。

 

 

ホイールユニット

TTL信号を受けている間は回転をロックします。これによりマウスの運動制限をスケジュールすることができます。

 

 

回転センサーユニット

マグネットセンサーで、ホイールに取り付けたマグネットを検知して1回転毎にTTLを1パルス出力します。これにより実際のマウスの運動量を定量することができます。

型式 品名
OAZ-sys 摂食回転制御システム
OAZ-S 摂食制限ユニット
OAZ-W ホイールユニット
OAZ-R 回転センサーユニット

 

商品リスト