超小型で、心電図を長時間記録

Actiwave Cardio



Cardioの装着例(電極は付属しておりません)

Actiwave Cardioは、防水で超小型の1チャンネル心電図記録器です。2つの電極部が短いケーブルで接続されており、胸部に貼り付けた4mmスナップ電極のついた標準の心電図電極(別売)にクリップするだけで装着できます。

超小型サイズなので、幅広いアプリケーションでの連続モニタリングが可能で、野外での心拍変動及び心拍間隔測定にも適しています。また、3軸加速度計が内蔵されており、睡眠時の姿勢評価などにも使えます。

  • 最大31時間の心電図波形を記録
  • 心電図解析や心拍変動解析
  • 3軸加速度の同時記録による姿勢評価
  • 充電式バッテリー内蔵

データの出力

セットアップソフトウェアにより、データはEDF形式で出力できるので、LabChartソフトウェアで読み込み、心拍変動解析などの様々な解析ができます。

データの読み取りと充電

パソコンとの接続と充電には、CardioDock / CombiDockが必要です。USBポートを介してコンピュータと接続し、それらに付属されるセットアップソフトウェアにより、設定やデバイスの管理を行います。

CardioDock
3つまでのCardioユニットの接続が可能

CombiDock
4つまでのActiwaveユニットとCardioユニットの接続が可能


仕様
心電図 レンジ : 8mV (ピーク間)
周波数応答 : 0.3 - 50 Hz
インピーダンス : 10 MΩ
サンプリングレート
32 / 50 / 64 / 100 / 128 / 200 / 256 / 500 / 512 / 1024 Hz
3軸加速度 ± 4g
周波数応答 : 0 - 10 Hz
サンプリングレート: 25 / 32 / 50 / 64 / 100 Hz
本体の寸法直径 32 × 10 mm
重さ 10.3 g
メモリー 24 Mbyte
記録時間 31時間

※記録時間は、心電図:128Hz 8bit、加速度:32Hz を基準にしています。


CamNtech Cardio解析ソフト

CamNtech Cardio解析ソフトにより、Cardioで記録したデータを元に様々な解析が行えます。

 

心電図・心拍変動解析

  • IBI(心拍間隔)のエポックにおける平均値、標準偏差、最大値、最小値
  • 周波数解析(VLF、LF、HF、LF/HF)

心電図・心拍変動解析画面

エネルギー消費量・姿勢判定

フリームービングにおける短時間のエネルギー消費量も測定できます。

  • RMR(安静時代謝量) 
  • TEE(総エネルギー消費量)
  • AEE(身体活動エネルギー消費量)
  • 加速度計による姿勢判定と向き

 

エネルギー消費量解析画面

心電図波形(上段)
加速度波形(中段)
姿勢評価(下段)


睡眠解析

睡眠解析結果(左)と睡眠時心拍数統計データ(右)

仕様
ソフトウェア推奨システム Windows 7/8/10
512MB RAM

 


型式 品名
08-603 Actiwave Cardio
08-733 CardioDock(Cardioユニット3個の読込と充電)
08-727 CombiDock(Actiwaveユニット4個とCardioユニット1個の読込と充電)
08-176 CamNtech Cardio解析ソフト

 

このページの商品のお問合せ

Please wait...
商品リスト