骨格筋の研究者用に使いやすく頑丈でハイスループットな製品を目指して開発されました

DMT

820MS 筋切片ミオグラフシステム



820ms.jpg

820MS 筋切片ミオグラフシステム

概要

820MS 筋切片ミオグラフシステムは19mmまでの筋切片用の4チャンネルのミオグラフシステムです。このシステムは骨格筋の研究者用に使いやすく頑丈でハイスループットな製品を目指して開発されました。

チャンバーを四角にすることで、長い平滑筋を含む様々な組織の筋切片をマウントできるようになりました。


特徴

  • 長さ19mmまでの骨格筋、心筋の試験に
  • 同時に4つの筋切片を、等尺性の条件での試験が可能
  • ヒーティング、酸素・サクションポート内臓
  • フォースをアナログで出力可能
  • DMTスティムレータCS4/CS8との組み合わせが可能
  • オプション︓4チャンバー同時に注入可能な自動バッファフィラーシステム625FS