横紋筋用のミオグラフシステムが、DMTの製品ラインナップに新たに追加されました

DMT

筋切片ミオグラフシステム




概要

横紋筋用のミオグラフシステムが、DMTの製品ラインナップに新たに追加されました。DMTの目標はマルチチャンバース クリーニンングと同様に高品質の研究機器を提供し続けることです。このシステムではマウンティングサポートとフォー ストランスジューサとの間に、筋切片を固定します。

横紋筋は平滑筋と対照的に、収縮を引き起こすのに通常電流や電気的興奮が必要です。あらかじめ最適な長さや負荷をか け、操作します。収縮は、平滑筋のモノよりも早く、丈夫で頑丈なフォーストランスジューサが必要です。収縮は一時的 なもので、収縮と弛緩の両方のパラメータが解析できるソフトウェアが必要です。

筋切片ミオグラフには様々なマウンティングオプションをあります。心筋や骨格筋のような横紋筋を研究する際には、組 織を十分に刺激できるスティムレータと一緒に使用します。820MSとDMT社製パルストレインジェネレータCS4/CS8が代 表的な組み合わせです。

筋収縮の分子機序の研究も多くあります。筋標本の力の測定は、収縮性組織の環境や構成をコントロールしての試験に最 適な方法です。測定する力は非常に小さく、特別なトランスジューサが必要となります。

骨格筋研究には様々なニーズがあるため、DMT社は現在工業製品製造メーカと協力し、横紋筋研究の幅広い分野に対応で きるように開発しております。開発過程に参加されたい場合はご連絡ください。

特徴

  • 等尺性収縮
  • 長さ - 張力測定
  • フォーストランジェント解析
  • 筋力学
  • 弛緩 ‒ 収縮動力学

薬理学&生理学

  • ミオシン-アクチン機能
  • イオンチャネルモジュレータ
  • 平滑筋
  • 横紋筋

病理学&表現型

  • トランスジェニック動物筋表現型
  • 病変筋肉機能
  • 後天的または遺伝的筋肉疾患

その他の分野

  • 電気生理学との組み合わせ、EMG
  • Ca2+, ATPアッセイとの組み合わせ