プレッシャーミオグラフシステムは,微小な動脈や静脈,またその他の血管の 生理学的機能や,詳細な特性を調べることができます。

DMT

プレッシャーミオグラフシステム



プレッシャーミオグラフシステム。110P、インターフェース、MyoViewソフトウェア
プレッシャーミオグラフシステム。110P、インターフェース、MyoViewソフトウェア

概要

プレッシャーミオグラフシステムは,微小な動脈や静脈,またその他の血管の 生理学的機能や,詳細な特性を調べることができます。本システムではまた, 単離された微小血管を生理条件に近い条件に保った上で,様々な薬物の薬 理効果を評価することもできます。プレッシャーミオグラフを使用すれば,単離された後も血管はin vivoに近い多くの特徴を示し続けます。

プレッシャーミオグラフでは,無傷で単離した動脈や静脈の一部分を,二つの微小ガラスキャピラリーへとマウントすることで,血管に生理的に最適な圧を適用することができます。生理条件に近い圧をかけることにより,血管に 本来備わっている内在性の応答 (筋原性応答) を調べることができます。筋原性応答はin vivoでの血管全体が持つ自己調節機能と密接に関わっています。

この手法を用いることで,様々な薬物が血管に及ぼす影響を,血管外皮・血管内皮の両側から別々に評価することができます。収縮や弛緩の効果は,デジタルビデオのエッジディテクション機能により,標本の径変化として測定することができます。内在性の筋原性応答存在下で測定できるので,この現象に対する内皮の役割や機能を研究することができます。


pressure_02.jpg

ラットの腸間膜動脈 (~200μm) を114Pプレッシャーミオグラフにマウントした様子

特殊仕様のプレッシャーミオグラフチャンバーを使用すると,イメージング (コンフォーカル) や電気生理測定を同時に行うことができます。また,圧をか けた状態で長時間組織を培養することが可能な,カルチャーミオグラフシス テムもあります。このシステムでは,ウィルスベクター,siRNAやその他の様々 な経路により引き起こされる,分子レベルの変化を研究できます。本手法では,組織を生理条件に保った状態で,力学的,分子生理的,薬理学的な研究 を行うことができます。プレッシャーミオグラフは,血管生理学,血管薬理学の 研究において,非常に有用なツールです。

次に記したリストは,プレッシャーミオグラフで行うことができる研究分野の一部です。将来的には,現在開発中の新技術や,多くのユーザーにより行わ れた研究をもとに,より多くの分野が追加されるでしょう。

特徴

  • 微小血管の機能と血管径
  • 血管平滑筋の機能
  • 血管内皮の機能
  • 血管壁の張力と厚さの測定
  • 動物または人から単離した血管を測定
  • 局所的な血管の反応性評価
  • 流速により引き起こされる機能の評価

血管に作用するメカニズム

  • 内皮: 内皮より誘発される弛緩要素 (NO),プロスタグランジンや過分極要素 (EDHF) の役割
  • 平滑筋: カルシウムやカリウム,またはその他のイオンチャネルの役割
  • 血管周囲や内部の神経: 内生的に放出される伝達物質の役割

薬理学と薬物療法

  • ACE-阻害剤,スタチン,グリタゾン,インスリンなどの薬物処置による効果の評価
  • レセプターの分布や特徴の研究
  • 血管作用性アゴニストやアンタゴニストの親和性・有効性の研究

生理学的な変化

  • 加齢
  • 妊娠や子癇

病理学

  • 高血圧
  • アテローム性動脈硬化
  • 糖尿病
  • 虚血性心疾患や心不全
  • 腫瘍や脈管形成
  • 心臓や肺の疾病

その他の分野

  • 電気生理学実験 (フレキシブル電極)
  • 細胞内イオンや物質の蛍光測定