脈動刺激が出来るプレッシャーミオグラフシステムです

DMT

112PP 脈動プレッシャーミオグラフシステム



112PP プレッシャーミオグラフは、生理学的条件に近い状況下で血管の機能を測定するのに適したシステムです。薬理学的・生理学的な刺激に対する機能として血管径を測定します。加えてこのシステムは、最大60mmHgの毎分50 ~ 600ビートで脈動刺激をさせることが出来ます。
チャンバーカバーには、表面潅流、急速給排水、薬物追加、酸素供給用のポートが付いています。簡単に洗浄ができるようにチャンバーはステンレスでできており、かつ耐酸性に優れています。

 

MyoViewソフトウェアを使用することにより、連続的なディメンジョン解析が可能です。オプションとしてフローメータ162FMをシステムに追加することで、15-4000ul/minのフロー測定が可能です。

 

筋原性反応(Myogenic Response)や内皮機能検査のような生理学的反応の測定が可能です。MyoViewソフトウェアで、血管壁厚、血管径の変化の測定が可能になります。

122PP チャンバー
インターフェース

仕様







チャンバー部







 
血管サイズ >60 μ m
血管位置合わせ マニュアル/x, y, z
マウントサポート ガラスカニューラ
チャンバー数 1
チャンバーボリューム 最大4ml ( 通常3ml)
チャンバー材質 耐酸性ステンレス
圧力レンジ 0 ~ 250mmHg
圧力分解能 0.1mmHg
フォースレンジ ±200mN
フォース分解能 0.01mN
ヒータ 内蔵
温度レンジ 室温~ 50℃
温度分解能 0.1℃
温度プローブ 付属
ウエイトキャリブレーション セミオート
1分間あたりパルスレート 50 ~ 600
インターフェース部 電源 100 ~ 240VAC
サイズ 34 ×25 ×15cm(L x D x H)
重量 5kg

 

  • 血管をマウントしやすい人間工学に基づいたデザイン
  • 薬液を最小限にできる少ないチャンバー容量
  • 生体内に近い環境で60μm以上の微小血管の機能研究
  • 圧と内腔フローの影響を研究
  • 毎分50~600のパルスレートでの脈動フロー研究
  • ユーザでエリアの指定ができ、外径・内径をビデオで測定
  • 切片の縦方向でのフォースを連続測定

型式 品名
100285 112PP 脈動プレッシャーミオグラフシステム
100283 脈動モジュール付きMyoView ソフトウェア
100294 脈動USB カメラ

 

オプション
型式 品名
100244 162FM フローメータ
100249 MyoVIEW フローモジュール