血管の破断までの引っ張り試験に最適

DMT

560TP ティッシュプラー



560TP ティッシュプラー は、組織の抗張力を素早く・簡単に測定できる張力計です。長さと張力の関係をリアルタイムでプロットするMyoPULLソフトウェアで簡単にコンプライアンス(進展性)と疲労のような特性を評価します。

システムはデスクトップPCやノートPCにUSBに接続し、組織の引っ張りの制御はすべてソフトウェアで行われ、データを収録しながら、長さと張力カーブのプロットをリアルタイムに観察できます。

型式 品名
100230 560TP ティッシュプラー

 

  • シンプルで使いやすいシングルチャンネルシステム
  • コンプライアンスや疲労などの生体機能学研究が素早く、同時に測定できます。クランプ方法がピンタイプとクランプタイプがあるため、管状組織や切片組織に対応します
  • データ収録や引張りのプログラムが可能なソフトウェアが付属
  • 大きなレンジと好感度なフォーストランスジューサを装備


MyoPullソフトウェア

仕様
血管サイズ/組織の長さ >500 μ m ~ 20mm
フォースレンジ 0 ~2N( 0 ~2000 mN または~204g)
Tareレンジ 0 ~1N( 0 ~1000 mN または~102g)
フォース分解能 1mN(~ 0.1 g)
変位レンジ 0 ~ 50 mm
変位分解能 1 μ m
最大変位スピード 150 μ m/second( ~9 mm/minute)
重量キャリブレーション 半自動(ソフトウェア)
データ通信 USB2.0
使用電圧 100 ~ 240 VAC(auto) 50/60 Hz
データ収録ソフト MyoPULL ソフトウェア