in-vivo・フリームービングでマクロなカルシウム測光を行えます!

ファイバーフォトメトリーシステム



in-vivoで脳内の蛍光測定を行うためのシステムです。主としてGCamp6に代表されるカルシウム測光のために用います。
ダイクロイックミラーとフィルタセットを内蔵した蛍光測定用キューブを用いることで、光ファイバーを経由して励起光を脳内に照射して蛍光を測定することができます。
蛍光はフォトダイオードモジュールにより増幅されて0-2.5Vでアナログ出力され、PowerLabなどの任意のデータ記録装置で記録できます。フォトダイオードモジュールは320-1100nmの広い感度スペクトラムで、ゲインは2段階を切り替え可能です。
蛍光測定用キューブはフィルタセットをご指定ください。例えばGCamp6ならGFPのフィルタセットで、励起光430-490nm、蛍光500-550nmとなります。

フォトダイオードモジュール
蛍光測定用キューブ
構成例①
ファイバーフォトメトリ―基本システム

構成例②
ファイバーフォトメトリ―アドバンスドシステム

右の例では励起用の光源および蛍光検出用のフォトセンサが2台ずつで構成され、蛍光測定用キューブはこれらに合わせて励起光入力2ch、蛍光出力2ch、動物側1chの光路が備わっています。
例えば405nmの励起光でバックグラウンドの自家蛍光を測定し、465nmの励起光による蛍光のデータの補正に用います。フォトセンサは感度の高いNPM_2151か、あるいはさらに感度の高いH10722を目的に応じて選びます。
励起光のコントロール及びデータ記録はFPCファイバーフォトメトリーコンソールにより制御されます。

Newport
フォトレシーバモジュール
Hamamatsu
フォトセンサーモジュール
型式 品名
Photometry_Basic ファイバーフォトメトリ―基本システム
Photometry_Advanced ファイバーフォトメトリーアドバンスドシステム 
APD_FC フォトダイオードモジュール
APD_SMA フォトダイオードモジュール
FMC_x_FC 蛍光測定用キューブ
FPC ファイバーフォトメトリ―コンソール
FMC5 蛍光測定用キューブ、5ポート
NPM_2151_FOA_FC Newportフォトレシーバモジュール
H10722-110 Hamamatsuフォトセンサーモジュール
C10709 Hamamatsu用電源