Orbit 16 16チャンネル脂質膜測定システム

Orbit 16

特長

  • 16ch分の平面脂質二分子膜をワンボタンで自動作製
  • 高品質なデータを16ch同時記録
  • 低ノイズでの測定(pAオーダー)
  • 黒膜法の原理を採用
  • マイクロウェル上に脂質二分子膜を作製
  • Tecella社の16chアンプとEPC10の1chアンプを使用

アプリケーション

  • シングルチャネル記録
  • ナノポアシーケンス
  • ナノポアセンシング
  • 酵素活性評価
  • ポリマーを利用した質量分析

従来の脂質二分子膜の作製の常識を覆す16チャンネル脂質膜測定装置です。16チャンネル同時に脂質二分子膜を作製することができ、操作も脂質溶液を専用のチップに展開するだけです。内蔵されたスターラーシステムで脂質溶液を自動で塗っていくことで作製されます。

脂質二分子膜のアッセイといえば、イオンチャネルの機能解析のためのシングルチャネル記録です。従来の方法では、このイオンチャネルを包埋するのに時間や労力を必要としましたが、Orbit 16では16チャンネルの脂質二分子膜を有するため、イオンチャンネルの再構成の頻度を効率よく上げることができるため、ストレスフリーな脂質二分子膜実験を提供します。


MECA (Micro-Electrode Cavity Array) は、球状のマイクロウェルを有する不活性ポリマーが規則正しく配列された (4×4配列) 構造を持っています。それぞれのマイクロウェルには参照電極としてAg/AgCl電極が内蔵されています。脂質膜はこのマイクロウェル上にPainting法の原理を用いて作成されます。従来のPainting法は、熟練した技術を必要としますが、Orbit16ではワンボタンでスターラーバーを回すことで簡単に脂質膜を作成できます。


Orbit専用チップ MECAチップ


仕様
チャンネル数 16 (Tecella アンプ使用時)
ウェルの直径 Φ 6 - 50 μm
作製法 黒膜法(Painting 法)
電極 Ag/AgCl

 


型式 品名
12 1001 Orbit 16
  • Orbit 16 レコーディングステーション
  • MECA モジュール
  • GUV モジュール
  • Tecella 社Jet16 チャンネルアンプ
  • HEKA 社EPC10 USB パッチクランプアンプ
13 1002 MECA チップ x10

 

このページの商品のお問合せ

Please wait...