脳定位固定装置(慢性用)

脳定位固定装置(慢性用)



脳定位固定装置(慢性用・頭部チャンバー固定方式)

オペラント(行動実験)・活動電位記録・イメージング等と組み合わせた慢性実験において、脳を定期的に観察するためにチャンバーで頭部を固定することを目的とした装置になります。チャンバー固定をする際は、まず動物を麻酔下で固定する必要があるため、脳定位固定(口鼻耳の三点固定)が可能となっています。一旦、チャンバーを固定した後は、繰り返しチャンバーでの固定が可能となり、定期的に脳の状態を調べる実験に向いています。

マウス用
SR-9M-HT
マウスに最適化した設計。
無麻酔でも強固に固定可能。
頭部固定部分をベースから取り外しが可能。
ラット用
SR-10R-HT
ラットに最適化した設計。
無麻酔でも強固に固定可能。
頭部固定部分をベースから取り外しが可能

頭部固定装置オプション

脳でのターゲット領域を可視化=“イメージング”する実験では、脳定位に限らず、簡易的な頭部固定を行う場合があります。一般的には、蛍光・二光子顕微鏡下でのイメージング向けチャンバーの紹介になります。

CF-10
マウス用チャンバー。
汎用性の高いフレーム形状。
ステンレス製。10個入り。
CP-1
イメージング用チャンバー。
観察穴 Φ5mm。
CP-2
イメージング用チャンバー。
観察穴 Φ9mm。
CFR-1
ラット用に特化した設計で軽く・薄く・丈夫なチャンバー。
ステンレス製。10個入り。
CFR-2
CFR-1 よりも前方(後方)へ大きくした形状でクラニアルウィンドウを広くとれます。

  CF-10 CP-1 CP-2 CFR-1 CFR-2
対象 マウス マウス マウス ラット
 
ラット
形状 フレーム ø5mm観察穴
ø10mmディッシュ加工
ø9mm観察穴 - -
寸法 W12mm×D19mm×1mm W12mm× D19mm× 1mm W12mm× D19mm× 1mm W50 × D25 × H2mm W50 × D30 × H2mm
質量 約0.5g 約0.4g 約0.4g 8g 8g
表面処理 - 強化・絶縁処理 強化・絶縁処理 - -
材質 ステンレス アルミニウム アルミニウム ステンレス ステンレス
入数 10個 5個 5個 10個 5個

頭部固定装置(Head-Fix方式)

頭部固定(Head-Fix)を行い、さらに傾斜をつける必要のあるイメージング実験に適した装置になります。

SGM-3/SGM-4
固定後、傾斜が必要な視覚(眼球)、嗅覚・聴覚実験向け。麻酔マスク装着・脱着可能。
MAG-2
顕微鏡下での観察に合わせて、固定台ごとチャンバー面を傾斜調整することが可能。
型式 品名
SR-9M-HT 脳定位固定装置(マウス/慢性用)
SR-10R-HT 脳定位固定装置(ラット/慢性用)
CF-10 チャンバーフレーム(マウス用)
CP-1 チャンバープレート(マウス用)
CP-2 チャンバープレート(マウス用)
CFR-1 チャンバーフレーム(ラット用)
CFR-2 チャンバーフレーム(ラット用)
SGM-3/SGM-4 頭部固定装置(ラット/マウス用)
MAG-2 頭部固定装置(角度付/マウス用)