LE10026 ショックジェネレータとアーロン試験ボックス


マウスを用いた抗不安薬スクリーニング用の経済的で洗練された装置

アーロン試験(4 プレート試験)は、動物の肢に弱い電気ショックを与えることによって新奇探索を抑制する、懲罰によるコンフリクト試験です。

ケージの底面には、同じサイズ(8 × 11 cm)の4 枚の長方形金属プレートが4 mm 間隔で敷き詰められています。これらのプレートはショッカー装置に接続されており、肢下のプレートに電気刺激が発生するようになっています。

順応期間の後、被験動物が別のプレートへ移ろうとしたとき(つまり、前肢2 本と後肢2 本が別々のプレート上にある時)、電気ショックを与えます。この試験は、1968 年にBoissier グループが最初に発表しました。通常は、(別のプレートへ移ろうとして)動物が電気ショックを受けた回数を60 秒間カウントします。抗不安作用のある薬物を投与すると、(別のプレートへ移ろうとして)電気ショックを受ける回数が多くなります。

電気刺激の強度を手動で調整可能です。


仕様
寸法 W 160 × D 250 × H 180 mm
ケージの材質 白色/透明プラスチック、ステンレス
電気刺激 0 ~ 3 mA、 タイマーー 0 ~ 10 秒、方形波
カウント 手動

構成例
アーロン試験(マウス)
型式 品名
LE830 アーロン試験ボックス
LE10026 ショックジェネレータ
測定項目
  • 電気ショックを与えた回数(手動)

標準構成
  • アーロンボックス
  • ケーブルとコネクター
 
型式 品名
LE830 アーロン試験ボックス
LE10026 ショックジェネレータ
商品リスト