サーカディアンリズムの研究に最適です!

ActiWatch 2 / ActiCal



ActiWatch 2
ActiWatch2は腕時計型のデータロガーで、体動のレベルとその頻度に対応した信号をアクセロメータ(加速度計)により発生させ、体動をアクティビティ・カウントとして記録します。1MBのストレージを持っており、防水タイプの筐体で充電できるバッテリーを内蔵してます。ActiWatchのデータは専用のリーダで読み取り、USBケーブルでコンピュータに転送します。転送されたデータは、相関機能( 平均活動レベル、アクティビティ拡張プロット、タウ解析)やペリオドグラム、FFT 解析ができます。
 
  • 睡眠、覚醒リズムの解析
  • 睡眠障害の研究
  • サーカディアンリズムの研究
  • シフト仕事による影響
  • ルーチン運動への適合
正常な睡眠
睡眠障害
ActiWatch 2

仕様
サイズ 43mm x 23mm x 10mm
重量 16 グラム ( バンド込み)
ケース素材 ABS 樹脂
バッテリー リチウム電池( クレードルにて充電)
バッテリー充電時間 6 時間
記録日数 30 日間(一分エポック時)
メモリー 1MB

 


ActiCal
ActiCalを動物の胴体に装着し、0.5 ~ 3Hzの自然な垂直な動きをカウントします。加速度センサーで発生する電圧を増幅し、フィルター処理してデジタル変換します。変換速度は32Hzで31.25ms毎にデータをサンプリングします。
ActiCalソフトウェアで1分のエポックに設定すると、1/60 秒のアクティビティ値が集計され、1つのアクティビティデータとしてカウントします。ActiCalではエポックの長さを15 分まで設定できますので、累積アクティビティ量はかなり大きなものになるため、データを8bitで圧縮処理します。ソフトウェアは8bit 値を15bitに変換し、再処理して最終的なアクティビティ値として表示します。
ActiCal はメーカーにて厳格にアクティビティをキャリブレーションし、センサー間のバラツキを抑え、データを標準化して校正定数としてActiCalデバイス内にプログラミングします。この校正定数で補正し、データを作成します。この校正されたデータをActiCalアプリケーションソフトウェアで記録し、.awcデータファイルに統合して収録します。

品名
Acti Watch 2、イベントマーカ、照度計付き ( 本体、解析ソフト、コミュニケーションシステム)
Actiware 解析ソフトウェア
AW2 用コミュニケーションシステム
Actical 一式 ( 本体、解析ソフト、リーダ)
Actical 本体
Actical リーダ
Actical 解析ソフトウェア
サル用首カラー
イヌ用首カラー

 

ActiCal
Acticalはカロリー消費を測定
28 x 27 x 10mm、17g

ActiCalによるサルのアクティビティ解析

特長:
  • 体重の管理に最適
  • 栄養学分野で活躍
  • 運動量の増減モニタリング

算出項目:
  • 総消費熱量(total kcal)
  • 平均消費熱量(kcal/min)
  • 総アクティビティ(count)
  • 平均アクティビティ(count/min)

 

  • 持続時間間隔(min)
  • アクティビティの分類(弱中強)
  • 各アクティビティの累計時間
  • アクティビティ時間の比率
商品リスト