たった3本のワイヤーで31chのデータ記録がおこなえます

TBSI マルチプレクサヘッドステージシステム



多チャンネル記録では必然的にワイヤーの本数が増えるためケーブルが太くなり、動物にストレスを与える結果となります。また、多チャンネルのコミュテータを用意することも困難です。
この画期的なシステムはヘッドステージにマルチプレクサを内蔵しており、わずか3本のワイヤーで31chの記録を行うことができます。さらに、62、93、124、155、186、217ch仕様ではワイヤーの本数は順に4、5、6、7、8、9本となります。ヘッドステージは独自開発のロウパワーVLSIをベースにしており、小型・軽量にしてハイパフォーマンスを実現しています。

  • ヘッドステージ重量: 0.8g
  • ヘッドステージサイズ: 5 × 20 × 15mm
  • バンド幅: 0.8 ~ 6kHz
  • ゲイン: ×800

マルチプレクサヘッドステージ

M32 (31チャンネル)
入力レンジ: ±2mV (ゲイン ×800の場合)
ワイヤー本数:3
コネクタ:Omnetics 36pin
※32ch以上の場合、M32ヘッドステージが追加されます。上の写真は62ch仕様です。(ワイヤー4本)
※ビデオトラッキング用にLEDを取り付けることができます。

システムの構成例


コミュテータオプション

Dragonfly社を直接接続できるようにコネクタを変更できます。

型式 品名
K50-3129-G3 M5ヘッドステージ
K50-3149-G3 M16ヘッドステージ
K50-3159-G3 M32ヘッドステージ
K50-3169-G3 M64ヘッドステージ
K50-3189-G3 M128ヘッドステージ
741-1024-00 M5受信機
741-1044-00 M16受信機
741-1054-00 M32受信機
741-1064-00 M64受信機
741-1084-00 M128受信機
LED options ビデオトラッカLED
SL-10C 10ワイヤコミュテータ