超軽量・超小型の多チャンネルワイヤレス生体アンプシステムです。

TBSI ワイヤレス生体アンプシステム



ヒトの生体電位記録に幅広く活用できるワイヤレスタイプの多チャンネルアンプが誕生しました。煩雑なワイヤーがないため被験者へのストレスを最小限に抑えます。脳波、心電図、筋電図など様々なアプリケーションで活躍します。

  • 超軽量! …わずか7.2g (500円玉くらいの重さ)
  • 超小型! …18 x 19 x 32mm (10円玉くらいの大きさ)
  • 多チャンネル! …5~63chモデル

送信機



アプリケーション例

脳波

心電図

筋電図


システムの構成例

仕様
通信距離 4mm
バッテリーライフ 5時間(5chのみ2.5時間)
バッテリー長寿命オプション 最大24時間(注文時要指定)
入力電圧レンジ ±2mV(指定可能)
ゲイン x600(63chのみx250)
入力インピーダンス 22MΩ(63chのみ10MΩ)
バンドパスフィルタ 0.8Hz~7kHz(指定可能)
受信機出力 DB37コネクタ

型式 品名
Neuro5RadioHS-H 5chワイヤレス生体アンプシステム
Neuro16RadioHS-H16 15chワイヤレス生体アンプシステム
Neuro32RadioHS-H32 31chワイヤレス生体アンプシステム
Neuro64RadioHS-H64 62chワイヤレス生体アンプシステム
EEGCAPM 63chEEGキャップシステム
TB-Lead6 6線リードワイヤ
TB-Lead16 16線リードワイヤ
TB-Lead32 32線リードワイヤ