記録しながらリアルタイムでアベレージング波形を表示し、測定エラー 通知機能やスピーカーキャリブレーション機能などを備えています

TDT

TDT 聴覚刺激・記録システム



ABR & DPOAEワークステーション

ABR & DPOAEワークステーション

このシステムはTDTのローノイズ、広域バンド幅のパワフルなハードウェアと、ABRおよびDPOAE記録用の使いやすいソフトウェアで構成されます。
動物の聴覚機能のスクリーニングに適しており、2chの24bit シグマデルタDACを備え、最大サンプリングレートは200kHzです。記録しながらリアルタイムでアベレージング波形を表示し、測定エラー通知機能やスピーカーキャリブレーション機能などを備えています。
TDT製のスピーカーはすべて直接接続することができます。
キャリブレーションファイルおよび実験設定ファイルがシステムとともに提供され、セットアップの手間が最小限に抑えられ、すぐに日々のスクリーニングに使い始めることができます。


ABR & DPOAEワークステーション 構成
型式 品名
RZ6-A-P1 RZ6ベースステーション 2DSP 1
RA4PA Medusa 4chデジタルプリアンプ 1
RA4LI 4ch低インピーダンスヘッドステージ 1
PO5e ギガビットPCIカード(w/optics) 1

BioSigRZ ロゴ

BioSigRZ


BioSigRZ

ABR(聴性脳幹反応)およびDPOAE(歪成分耳音響反射)の記録・解析用
ソフトウェアです。ABR、DPOAEはどちらも聴覚機能の判定に広く一般に
用いられているメソッドです。


  • 波形表示モード:刺激波形 / AD変換生波形 / 周波数ドメイン / EEG / アベレージング
  • 周波数、音圧、フェーズ等のパラメータをオンラインで変更
  • 一連の実験の刺激パラメータを手動または自動的に設定
  • アーチファクト除去機能
  • ピーク、潜時、オーバーレイ解析機能
  • オートカーソル
  • 多数の算術演算機能でデータを解析