小動物の様々な部位で関節痛測定が簡単に行えます!

38500 PAM鎮痛効果測定装置



PAM鎮痛効果測定装置は実験動物の痛覚測定の為に開発されました。関節部分へ直接刺激を加え、動物が反応した時点で最大圧を自動的に読み取ります。PAM鎮痛効果測定装置にはマウス・ラットそれぞれの関節部に応じた2個の圧力トランスジューサが付属しています。

ラット用 丸形フラット 8mm

マウス用 丸形フラット 5mm

鎮痛効果測定装置本体には再充電可能なバッテリー方式で、AC電源又はパソコンとの接続(USB)により充電を行うことが出来ます。付属ソフトウェアでパソコンへのデータ転送も行えます。


型式 品名
38500 PAM鎮痛効果測定装置
附属品:ラット・マウス用圧トランスジューサ 各1、ソフトウェア、フットスイッチ