シングルチャンネルで、4極の生体インピーダンス分光計で、1000Hzから4kHzまでの256通りの周波数でスキャンします

Imp SFB7 体組成計



Imp SFB7は、シングルチャンネルで、4極の生体インピーダンス分光計で、1000Hzから4kHzまでの256通りの周波数でスキャンします。

Cole-Coleモデリングを使用し、インピーダンスデータから全体水分量(TBW), 細胞外液量(ECF), 細胞内液量(ICF)を測定します。その上で、Fat Free Mass(除脂肪量), Fat Mass(脂肪量)を測定します。

機器に提供されるソフトウェアでさらなる解析が可能です。


特長

  • 生体インピーダンス分光計:256通りの周波数
  • シングルチャンネル – 4電極構成
  • ポータブル – 機器だけで測定が可能です
  • タッチスクリーンでの制御
  • 高い精度での体組成分析
  • 瞬時に測定可能
  • ユーザ任意に水和係数の入力が可能
  • すべての生データにアクセスと公開が可能
  • 携帯ケース、電極、リード線、ソフトウェアが付属

測定項目

  • TBW(体水分量)
  • ECF(細胞外水分量)
  • ICF(細胞内水分量)
  • FFM(除脂肪量)
  • FM(脂肪量)
  • Cole-Coleプロット
  • 抵抗プロット
  • リアクタンスプロット

使用方法

  1. 電源を入れる
  2. 体の片側の手と足の正しい位置に電極を装着する
  3. 機器のリード線を接続する
  4. メニューから測定設定を選択し、被験者の情報を入力する
  5. “Measure”ボタンを押し、測定する

ソフトウェアでのレポート

  • ソフトウェアで分かりやすいレポートの表示とデータ操作が可能

このページの商品のお問合せ

Please wait...