商品ラインナップからご紹介

  • image.png
  • 2017-08-29_13h58_29.png
  • ME2100-System_HPU_EcoFlexMEA.jpg
  • 2017-09-21_18h21_22.png
  • 0fc821feffd9437d6b876f4c48c3bb25.png
  • 293_page_007_image_0001.jpg
  • 290_page_05_image_0001.jpg
  • SnapCrab_NoName_2017-2-26_14-42-6_No-00.jpg
  • 290_page_04_image_0001.jpg
  • 2017-08-21_13h51_40.png
  • 124bd13fcad3a6b69b6b9fc51737aac6.jpg
  • SnapCrab_NoName_2017-12-15_14-28-12_No-00.png
  • Lt_LabStation_01.png
  • 300_page_30_image_0001.jpg
  • Trigno_VallyBall.jpg
  • image.png
  • braintree_eartag_03.png
  • DEL1__2.jpg
  • 293_page_036_image_0002.jpg
  • 290_page_28_image_0001.jpg
  • SnapCrab_NoName_2018-10-23_17-15-5_No-00.png
  • 290_page_85_image_0001.jpg
  • 293_page_058_image_0001.jpg



新着商品
e81ddc9e5e03e45a59dd1a5ff2f51244.png
スピーカー
TDTのマグネットマルチフィールドスピーカーは広い周波数帯域(フリーフィールドで1kHz~80kHz、クローズドフィールドで1kHz~75kHz)で高出力と安定性を確保しています。 TDTのコンデンサスピーカーと比較して特に低い周波数帯域でより高い音圧を出力でき、比較的低い周波数で実験を行うのに適します。高出力で広帯域な特性により、ノイズ暴露の実験にも優れた能力を発揮します。この4Ωのマグネティックスピーカーは先端が取り外し可能になっており、フリーフィールドとクローズドフィールドの両方に対応できます。フリーフィールドでは全帯域で歪み1%以下で最大100dB SPLを出力できます(+/- 4V、10cm)。クローズドフィールドでは歪みを最小に抑え出力を最大にするようデザインされたパラボリックコーンを使用します。テーパーがついているのでそのまま耳に入れるか、もしくは付属の外径1/8インチチューブを接続して使います。スピーカーは堅牢なアルミボディに格納されており、8-32スレッドのネジ穴がついており標準的なラボの固定具にしっかりととりつけて安定したポジショニングが行えます。TDTのマグネティックスピーカーはRZ6を直接接続するか、SA1およびSA8ステレオアンプを介してドライブします。



メーカーからさがす (掲載商品数)



brc_logotext.png