「炭酸ガス」の麻酔作用を応用した安楽処置装置

小動物安楽処置用 炭酸ガスフローメータ/チャンバー



実験動物の安楽処置法には物理的方法や化学的方法などが提唱されています。実験動物の安楽処置とは迅速かつ苦痛を伴わない方法を意味しますが、一方で処置後の試料採取や検査にも障害とならないよう実験目的に沿うような方法を選択するようにと定められています。

本品は「炭酸ガス」の麻酔作用を応用したもので、安楽処置専用容器内に動物を入れ「炭酸ガスの濃度を1分間で20%ずつ徐々に上げ、5分間で100%にもっていく」(米国獣医学会2013年編集 「実験動物安楽処置のガイドライン」より引用)という暫定方法を採用しています。

 

炭酸ガスチャンバーの特徴
  • 炭酸ガスをチャンバー内に保持
  • 動物を素早く誘導
  • 炭酸ガスソースとの接続が簡単
  • 下部より炭酸ガスを導入し、チャンバー内に充填
  • ディスポーザブルバックでチャンバー本体は清潔

炭酸ガスチャンバー 5.7ℓ(左)/ 炭酸ガスフローメータ(右)

炭酸ガスチャンバー 5.7ℓ

ディスポーザブルバック(50入り)

炭酸ガスフローメータの特徴
  • 炭酸ガスをチャンバーに正確に導入
  • チャンバーへの接続が簡単
  • 三方バルブの切替でチャンバーへの充填が迅速
  • 炭酸ガスの流速の設定が簡単
  • 壁掛け取付器具も付属

 

フローメータの選択

使用するチャンバーの内容量(ℓ:リットル)を算出し、「チャンバー内ガス置換レート表」より使用するチャンバーが各炭酸ガス濃度に対する使用可能な最小・最大チャンバー容量に対応するフローメータを選びます。

例えばAIMSの炭酸ガスチャンバーの内容量は約5.77ℓです。20%の炭酸ガスを用いるとSC100が対応します。炭酸ガスの流量を5.77 x 0.2=1.15ℓ/minに設定します。


炭酸ガスフローメータ モデル/(レンジ) 使用可能なチャンバー容量(ℓ)
チャンバー置換レート -
10% 20% 30%
SC100
(0.5 ~ 5.0ℓ/min)
50.1 25.2 16.4 max
5.2 2.5 1.6 min
LC500
(1.0 ~ 10ℓ/min)
100.3 49.5 33.0 max
9.8 4.8 3.4 min
XL900
(3.0 ~ 25ℓ/min)
248.4 122.9 82.6 max
30.1 15.2 10.0 min

 

フローメータと流量の選定方法

ラットケージの場合(充填する炭酸ガス濃度を20%)

  • ケージの容量:48 x 25 x 20 ㎝ = 24ℓ
  • 使用するフローメータ:LC500(4.8< ケージ容量 < 49.5)が対応
  • 炭酸ガスの流量設定:24 x 0.2 = 4.8ℓ/min 

商品コード 型式 品名
2090001 SC100 炭酸ガスフローメータ、0.5~5.0ℓ/min
2090002 LC500 炭酸ガスフローメータ、1.0~10ℓ/min
2090003 XL900 炭酸ガスフローメータ、3.0~25ℓ/min
2090010 WMB2 壁掛けブラケット
20900120 FMT2 チューブキット、7.9㎜(ID)x 11.1㎜(OD) x 6m
20900130 LPRE 炭酸ガス低圧レギュレータ、~80 psi
20901000 COIC 炭酸ガスチャンバー、5.7ℓ
20901100 COBL ディスポーザブルバック(50入り)