小型で低ノイズな高入力インピーダンス設計のアンプです

ER-1 高感度生体電位増幅器



高感度生体電位増幅器ER-1は、低ノイズで高入力インピーダンス設計の高性能な装置です。細胞外電位測定装置として最適です。
測定目的に合わせ本体の切替スイッチによりシングル入力と差動入力の2つのモードを切り替えられます。電気刺激時の入力バイパス機能、ノッチフィルターなど実際の使用に基づいた設計です。


仕様
入力形式 シングル入力/ 差動入力
ノイズ DC-10kHz で10 μ Vp-p 以下
入力レンジ ± 1V
入力インピーダンス 1000G Ω
ローパスフィルター 100、1k、10k、30kHz 4 段階
ハイパスフィルター 0.1、1、10、100、300Hz 4 段階
ノッチフィルター 50、60Hz
ゲイン × 100 ~× 2000 (8 段階)
キャパシタンス補償 ~20pf -80dB (Diff.Mode)
CMRR -80dB (Diff.Mode)
出力インピーダンス 50 Ω
電源/サイズ AC100V アダプター/190W × 67H × 250D(mm)

 

型式 品名
ER-1 高感度生体電位増幅器( ヘッドステージ付き)

 


  • キャパシタンス補償回路を内蔵していますので、金属からガラス電極まで幅広く対応します。
  • オートゼロ機能を持っていますので、電極のポテンシャル変動をキャンセルできます。
  • DCモードを持っていますので、ポテンシャル測定にも対応します。
  • ヘッドの交換を行わずにシングル入力/作動入力の切替が出来ます。
  • 電気刺激時に自動的にヘッドを保護する入力バイパス機能を持っています(背面パネルのStim.ON入力時)。