世界中の脳研究者から最も愛用されているシリーズです

KOPF 電極ホルダー



1766-AP
Alzet社とPlastics One社の3.5mmカニューラ用
1768
0.75~1.5mm径電極用
1769
90°角の電極ホルダー用(0.4~3.8mm)
1770
0.4~1.3mm電極用
1771
0.4~3.8mm電極用

1772
2.8~11mm径シリンジ、大口径電極、ドリルハンドピース用
1772-F
ニードル先端用
1773
セメントで固めた電極用
1774
プラスチック板に固めた電極用
1776
1.5~6mmまでの穴のあるL字型ステンレスホルダー

1776-P1
Alzet社とPlastics One社のガイドカニューラ用
1776-P2
デュアル調整機能付き
1779
CMA社ガイドカニューラ用

各フレームに対応するイヤバー

各フレームに対応するイヤバーシリーズは右の通りです。
タッパー角20°のスタンダードイヤバーがアニマルホルダーに標準で付いています。それ以外のものは別売です。右ページにはKOPF社が提供するイヤバーの一覧が載せてあります。

仕様
800シリーズ Model 1430とModel 1530のフレーム用です。50mmの校正目盛付きで、6.3mm角です。
900シリーズ Model 900シリーズの固定装置専用です。35mmの校正目盛付きで、6.3mm角です。
1700シリーズ Model 1730のフレームにのみ合わせられます。50mmの校正目盛付きで、9.4mm角です。

イヤバー

型式 品名 構成 尖端の形状
851
951
1751
スタンダードイヤバー(ネコ・サル用) 尖端はテーパ角20°の1.5mm 293_page_069_image_0003.jpg
855
955
1755
ノンラプチュアイヤバー(ラット・モルモット用) 尖端はテーパ角45°の0.8mmノンラプチュア、中空タイプも揃っています 293_page_069_image_0004.jpg
857
957
1757
標準イヤバー(ラット用) 尖端はテーパ角18°の0.8mm、中空タイプも揃っています 293_page_069_image_0005.jpg
858
1758
トロカールイヤバー(ネコ・イヌ用) 中空で取り外し可能なスタイレット付き 293_page_069_image_0006.jpg
959 下垂体切除用イヤバー(ラット用) 900シリーズ専用 293_page_069_image_0007.jpg
821
921
1721
ノンラプチュアイヤバー(マウス・新生児ラット用) 頬骨イヤーカップ付き 293_page_069_image_0008.jpg
822
922
1722
ノンラプチュアイヤバー(マウス・新生児ラット用) 尖端テーパ角60°のノンラプチュア 293_page_069_image_0009.jpg

電極マニピュレータ

KOPF社の電極マニピュレータは電極のポジショニングをはじめ、脳定位用ドリルやカニューラの挿入、マイクロインジェクションなど様々なアクセサリーを利用して幅広く応用できます。特に、複雑な角度調整や位置調整が正確にスムーズに操作できます。

1460/1460-61 電極マニピュレータ
1460、1460-61は精度に優れ幅広い用途のメンテナンスフリーのマニピュレータです。操作は簡単で、フレームへの取付けも工具は必要としません。
このシリーズは水平、垂直ロッドトラベルは80mm、一回転3.0mm、0.1mm刻みの目盛りです。尚、標準の付属品として1460には1770電極ホルダーが、1460-61には長いシャフト(22.23cm)の1778電極ホルダーが付きます。
1760/1760-61 電極マニピュレータ
1760、1760-61は最も高精度なマニピュレータです。1460シリーズと同様に操作は簡単で、工具を必要としません。このシリーズの調整ダイヤルは、1回転1.0mmの80mm、回転ダイヤルの目盛りは10μm刻みと極めて精度が高く、挿入電極の位置が高精度に設定できます。1760には1770電極ホルダーが、1760-61にはA-P調整スライドアッセンブリと長いシャフト(22.23cm)の1778電極ホルダーが付きます。
A-P調整スライドアッセンブリ
1460-61及び1760-61のA-Pスライドアッセンブリとして組込まれていますが、1262側面スライドとしても使用できます(ベースクランプは別売です)。
型式 品名
1460 電極マニピュレータ 
1460-61 A-P調整スライドアッセンブリ付電極マニピュレータ
1760 電極マニピュレータ 
1760-61 A-P調整スライドアッセンブリ付電極マニピュレータ