in-vivoマルチ電極のスタンダードである「ミシガンプローブ」に光ファイバーを取り付けたものです。光刺激を行った際の神経活動をスパイクやLFPとしてダイレクトに記録することが可能です。

光ファイバーの接続はNeuroNexus社独自のNNCコネクタか汎用の1.25umフェルールを選べます。

NeuroNexus社プローブを発注する際、OA16/OA32(急性パッケージ)、OCM16/OCM32(慢性パッケージ)と追記してください。