低酸素環境下での細胞培養用のベンチトップ型ワークステーションです。酸素分圧は、大気での酸素濃度のみによって変わるのではなく、高度や天候状態によっても変化します。

大気圧校正されていない酸素濃度の値だけで低酸素とは言えません。HypoxyLabTMは、mmHgやkPaという単位で表現される酸素分圧を使用して環境を直接制御し、それにより天候や高度の変化に影響しない高精度な低酸素チャンバーです。

科学的に厳密な方法によるHypoxyLabTMの精度の高さが、大気圧の校正をしていない他の低酸素チャンバーと一線を画しています。


特長

  • コンパクトで持ち運び可能
  • in vivoでの酸素状況を再現
  • HEPAフィルター完備
  • 操作しやすいタッチスクリーンを採用
  • 溶存酸素モニターのためのOxyLiteTMをサポート
  • デジタル顕微鏡オプション

仕様
全般 ガスコントロール マイクロプロセッサ―制御, 3chデジタル電気フローコントロール(DEFC)
ガス エア, 窒素, CO2 (4bar 入力圧)
汚染コントロール HEPAフィルター
チャンバー容量 約90L
チャンバー作業エリア 500mmW x 280mmD 
チャンバー収納可能数 最大マルチウェルプレート40枚または10cmペトリディッシュ40枚 
最大ガスフローレート 15L/分/ガス
サイズ、重量 800 x 590 x 690mm, 25kg
酸素 酸素制御レンジ 1 - 140mmHg  タッチスクリーンでユーザ設定
酸素精度 ±0.5mmHg (1-20mmHg)
±1mmHg (21-40mmHg)
±2mmHg (41-80mmHg)
±3mmHg (81-140mmHg)
酸素分解能 1mmHg
二酸化炭素 二酸化炭素制御レンジ 0.1 - 10.0mmHg  タッチスクリーンでユーザ設定
二酸化炭素キャリブレーション 自動
二酸化炭素精度 0.25%
二酸化炭素分解能 0.10%
温度 温度素制御レンジ 室温に対し±5℃(最低20℃)~45℃  タッチスクリーンでユーザ設定
温度キャリブレーション 自動
温度精度 ±0.5℃
温度分解能 0.1℃
相対湿度 湿度制御レンジ 環境に対し-95%RH  タッチスクリーンでユーザ設定
湿度キャリブレーション プレキャリブレーション
湿度精度 ±2.5% RH
湿度分解能 1% RH
※構成品・付属品:HypoxyLab 低酸素ワークステーション本体、チャンバー内設置棚、接続用ホース(エア、N2、CO2用各3m)、注水用パイプ、排水用シリンジ、USBメモリー、Oxylite用ファイバー延長ケーブル、電源ケーブル
※別途ガスボンベ (空気、窒素、二酸化炭素)、レギュレータが必要です。ガスボンベは研究室グレードのもの、レギュレータは2段減圧、フィルター付き、出口形状が1/4インチのものをご用意ください。

細胞の移動等に便利な小窓がついています

オプションの酸素モニターで、媒体や培養細胞の酸素分圧が測定できます

最大8種類の酸素環境をプログラムできます