カレントインジェクションによる脳損傷作成、およびイオントフォレシス方式による色素注入の両方が可能です!

リージョンジェネレータ





左の図はトリチウム処理したプロリンロイシンをVM視床核に1μAのパルスカレントで10分間インジェクションした例。



左の図はトリスバッファーに溶かしたHRP・pH8.6をlateral habenulaに2μAのパルスカレントで15分間インジェクションした例。

カレントインジェクションによる脳損傷作成装置です。また、イオントフォレシスとしてホースラディッシュペルオキシダーゼ(HRP)を注入し神経伝達部位のトレースやトリチウム処理したアミノ酸の神経組織への注入などに用いられています。


仕様(出力項目)
出力電流 0.5~25μA、タッチパッドで設定
コンプライアンス電圧 3000V
負荷カレント精度 0~200MΩで0.5%
負荷カレント再現性 0.25%
極性 +、-、任意設定
表示分解能 0.01μA

仕様(パルスモード作動時)
パルス持続時間 0.5~24秒、可変
負荷サイクル プリセット 7秒/7秒 オフ
時間誤差 ±5%
負荷カレント下降タイム 0.1秒
負荷カレント立上タイム 負荷抵抗に依存:~200MΩ、7.0mAで設定の99%までの立上がり時間は1秒

型式 品名
51595 リージョンジェネレータ
50880 銀線(Ø127μm、長さ3m)