世界のユーザーに支持されるパッチクランプアンプ
EPC 10 USB Single パッチクランプアンプ

特長
  • PATCHMASTERソフトウェアで一括制御
  • データ収録一体型でこれ1台で増幅・測定
  • Low/Medium/Highの3種類のゲイン設定
  • 低ノイズ小型ヘッドステージ搭載(Red star)
  • C-fast/C-slowの自動補正
  • リーク補正
  • カレントクランプに対応

EPC10 USBはHEKA社が世界に誇るパッチクランプアンプです。その優れたアンプ性能とデータ品質で世界のユーザーに広く支持されています。EPC10 USBは完全コンピュータ制御タイプです。アンプ自体にダイヤルなど手で動かす部分はなく、専用ソフトウェアPATCHMASTERで一括制御します。


低ノイズ小型ヘッドステージ

RMSノイズ(High Gain)

  • 1 kHz: 31 fA
  • 3 kHz: 72 fA
  • 5 kHz: 120 fA

EPC10 USB パッチクランプアンプに搭載されているヘッドステージです。従来のヘッドステージと比べ、より低ノイズを実現し、特にバンド幅1~10 kHzに対して発揮します。
セットアップ図

最大4chのパッチクランプアンプを選択できます
EPC 10 USB Quadro 4chパッチクランプアンプ

スタンダードな1チャンネルアンプだけでなく、多チャンネルバージョンも取り揃えております。

1chパッチクランプアンプ

2chパッチクランプアンプ


3chパッチクランプアンプ

4chパッチクランプアンプ


仕様
チャンネル数 Single:1, Double:2, Triple:3, Quadro:4
ゲイン Lowレンジ:0.005,0.01,0.02,0.05,0.1,0.2 mV/pA
Mediumレンジ:0.5,1,2,5,10,20 mV/pA
Highレンジ:50,100,200,500,1000,2000 mV/pA
入力容量 < 1 pF
ノイズ(Mediumゲイン) ~180 fA@1 kHz, ~320 fA@3 kHz, ~580 fA@10 kHz
ノイズ(Highゲイン) ~31 fA@1 kHz, ~72 fA@3 kHz, ~360 fA@10 kHz
バンド幅 Low, Mediumレンジ:100 kHz
Highレンジ:>60kHz
フィルター Filter 1:6-pole Bessel pre-filter(10,30,100,HQ30 kHz)
Filter 2:4-pole Bessel filter (100 Hz-15 kHz) 
保持電位 ±2000 mV
C-fast補正 0 - 15 pF (0~8 µs tau)
C-slow補正 Low, Mediumゲイン:0.2-1000 pF
Highゲイン:0.2-100 pF
サイズ 48.3 (W) x 31.1 (D) x 14.5 (H) cm, Single
重量 11.4 kg, Single
ソフトウェア -PATCHMASTER-

PATCHMASTERは、パッチクランプ実験に最適化されたソフトウェアです。実験者は、記録だけでなく、電圧の設定や膜容量補正、リーク補正をすべて一貫してソフトウェア上で制御することができます。また、オンラインでの解析も充実しており、IV カーブのような基本的な情報を素早く反映させることができます。

様々なイオンチャネルの活性を評価する上で、活性を誘発する刺激が必要になります。PATCHMASTERでは、プロトコールエディターで、複数の刺激のパターンを設定することができます。



型式 品名
895000 EPC10 USB 1chパッチクランプアンプ
895001 EPC10 USB 2chパッチクランプアンプ
895002 EPC10 USB 3chパッチクランプアンプ
895003 EPC10 USB 4chパッチクランプアンプ
895008 Red starヘッドステージ
895040 PATCHMASTERソフトウェア
895014 MC10 モデルセル