GM9 グルコースアナライザー&AM1アルコールアナライザー


グルコース・アルコールを酵素反応を利用して迅速アッセイ

GM9 グルコースアナライザー&AM1アルコールアナライザー



通常、生体の代謝生成物または代謝基質を測定する方法は、酸化酵素反応を利用した呈色反応を使用するのが一般的です。この方法は、酸化酵素によって生じた過酸化水素(H2O2)を基質として、蛍光反応を用いることで測りたい対象物質の濃度を知ることができます。そのため、測定対象物質を間接的に測定していることになります。

Analox 社が誇るアナライザーは酸化酵素反応によって使用される酸素濃度(pO2)の減少量を測定することで、対象物質をダイレクトに測定することができます。

その中でもGM9はグルコース、AM1はアルコールに対応しております。

 

センサー原理は至適条件下で、酸化酵素反応を利用し酸素の減少量を測定します。この減少量は測定物質の濃度と反比例します。


センサー原理

分析性能
  評価 (r:相関値 n:件数) リニアティー 精度(CV:変動係数)
アルコール i) 全血( 過塩素酸で抽出し中和) でGC と比較:
y(Analox) = 1.039 x + 0.28 mmol/L、
r = 0.891、 n = 27
ii) 尿回収データ:
y(Analox) = 0.981x + 0.19 mmol/L、
r = 0.999、 n = 17
0 ~ 198 mg/dl (0 ~ 43 mmol/L)
-サンプル量5μl
0 ~ 396 mg/dl (0 ~ 86 mmol/L
-サンプル量2.5μl
血清: CV = 1~ 2%
 @ 100 mg/dl (22 mmol/L)
全血; CV = 2 ~ 3%
 @ 85 mg/dl (18 mmol/L)
グルコース i) Hexokinase との比較:
y(Analox) = 0.9836 x - 0.1335 mmol/L、
r = 0.9991、 n = 147
ii) Beckman との比較:
y(Analox) = 1.0044 x - 0.0061 mmol/L、 r = 0.9989、 n = 121
iii) YSI との比較:
y(Analox) = 1.0077 x - 0.0077 mmol/L、 r = 0.9989、 n = 91
0 ~ 30.0 mmol/L (540 mg/dl)
-サンプル量10μl
0 ~ 50.0 mmol/L (900 mg/dl)
-サンプル量5μl
C.V. = 1 % @ 5 mmol/L
( 血清)
C.V. = 1.4 % @ 10 mmol/L
( 血清)
C.V. = 0.85 % @ 12 mmol/L
( 全血)

 


仕様
測定方法 酵素による酸化反応
センサー Clerk タイプの酸素電極
反応速度 30℃
感度 0.1 or 0.01 ( 切り替え)
ディスプレイ 32 文字、LCD
プリンター 16 行ドットマトリックス
演算プログラム a) シーケンス、平均、標準偏差、変動係数
b) 測定結果、2 データ選択表示、75 データ保存
インターフェース シリアルデータポート
電源 100 ~ 200VAC、50/60 Hz、12 ~ 15VDC、60 VA
サイズ 27 x 35 x 25 cm ( 縦 x 横 x 高さ)、5.5 kg
重さ 940 g ( 本体), 0.9 g ( センサー)

 


型式 品名
GM9 グルコースアナライザー
AM1 アルコールアナライザー
GMRD-002A グルコースオキシターゼ試薬250mL, 360 サイクル
GMRD-011 グルコース標準液 8.0mmmol/L, 30mL
GMRD-113 アルコール試薬キット, 70 サイクル
GMRD-110(100) エタノール標準液 100mg/dL, 4x1mL

 

このページの商品のお問合せ

Please wait...