Spike2は世界中の何千人もの研究者によって選択されているデータ記録解析システムです

CED

Spike2 多目的データ記録解析ソフトウェア



スクリプトによる睡眠ステージ判定と分析

Spike2はスパイク信号解析をはじめとする多目的データ記録解析ソフトウェアです。データーレコーダからリアルタイムによる高度な記録解析処理まで、幅広い分野に適しています。

特徴
  • 多様な解析用アルゴリズムを標準搭載。追加モジュールなどを別途購入する必要はありません。
  • 細胞外の複数電極記録や複雑な刺激タイミングの送出など、要求の厳しいアプリケーションにも柔軟に対応できます。
  • 様々なデータファイル形式のインポートをサポートし、過去のデータ資産の再解析ツールとしてもご活用いただけます。

音波形ソノグラム表示を示す周波数分析とスペクトラムプロット(ログ軸) 

マルチユニットの相互相関分析とドットラスタープロット
複数チャンネルのオンライン・スパイク判定、「スパイク・モニター」プロット
ECG記録、R波ピーク、BP特徴の自動検出、平均BPプロット

PCAクラスタリングを使用した複数ユニットのスパイク判定
母集団スパイク振幅と潜時の自動測定、3D鳥瞰図プロット
出力波形およびデジタル出力の設定(グラフィカル・シーケンス・エディター)
主な機能
  • テンプレートマッチング
  • クラスターカッティング
  • 主成分分析(PCA)
  • nプローブ解析
  • デジタルフィルタ(FIR/IIR)
  • パワースペクトラム(FFT)
  • IEIH/PSTHヒストグラム
  • 自己/相互相関ヒストグラム
  • 波形相関
  • ドットラスター
  • 3Dクラスタープロット
  • ソノグラム
  • 率/平均/瞬間周波数
  • スムージング
  • DC成分除去
  • ダウンサンプリング
  • オートスレッシュホールド
  • 各種データインポート
  • アクティブカーソル
  • ビデオ同期キャプチャー
  • 刺激シーケンサー
  • 出力グラフィカルエディター
  • XYプロット
  • カーブフィッティング
  • スクリプト言語
  • 仮想チャンネル演算
  • 各種データインポート