神経性筋力機能テスト 小動物用握力メータ


最大握力をフォーストランスジューサで読み取ります!

神経性筋力機能テスト 小動物用握力メータ




コロンバス社の握力メータは客観的に神経性筋力の機能をプルバーアッセンブリを使って、小動物が示す最大握力として測定します。測定は高精度のフォーストランスジューサを使って最大値を読み取り表示します。

デュアルセンサー型は前肢と後肢の握力を連続して測定できます。測定精度はフルスケールの±0.15%以内です。測定範囲は0~1kg(マウス用)、0~5kg(ラット用)です。

デュアルセンサー型での測定は、最初に前肢用のプルバーに動物の前肢を握らせて動物を水平方向に引っ張ります。あるポイントで動物の前肢が離れます。そのポイントでの力(最大の)を自動的に表示し記憶します。動物をそのまま移動させて後肢で後肢用のプルバーを握らせ、これを離したポイントでの力が後肢の握力となります。コンピュータ式ではRS-232でデータを転送します。

シングルセンサー型は全て最初は前肢で測定し、その後で後肢プルバーに付け替えて測定します。

  • 神経性筋力機能の客観的な評価が可能です。
  • 標準プルバーにメッシュ型プルバーアッセンブリ有り。
  • オプションも豊富。
  • 握力の表示単位が指定できます。
  • コンピュータ式と直読式があります。

仕様
測定範囲 0~1kg(マウス用)、0~5kg(ラット用)
精度 フルスケールの0.15%
ベース寸法 デュアルセンサー型・・・・・79×28×33cm
シングルセンサー型・・・・・38×28×33cm
センサーの高さ 24cm
前肢用プルバー 76 × 50mm(傾斜角度45゜)
後肢用プルバー 127 × 127mm(傾斜角度45゜)

型式 品名
1027SM マウス用握力メータ・シングルセンサー
1027DM マウス用握力メータ・デュアルセンサー
1027SR ラット用握力メータ・シングルセンサー
1027DR ラット用握力メータ・デュアルセンサー
1027MPB メッシュ型プルバーアッセンブリ
1027SPM マウス用標準プルバーセット
1027SPR ラット用標準プルバーセット
1027WIN ソフトウェアアップグレード

このページの商品のお問合せ

Please wait...