SmartLabel 高速免疫染色システム

○世界初の3次元高速イムノラベリングシステム

 

SmartLabelはSDS電気泳動技術を応用した免疫染色システムです。通常の浸漬法はホールの組織を染めるのに数週間から1か月ほど時間を要するのに対して、SmartLabelでは1-3日で染色が可能です。SDS-PAGEによって強制的に抗体分子を組織深部へ押し込むことができる世界初の3Dイムノラベリング技術です。

ホール組織を高速かつ簡便に染色

  • 透明化のホール組織(例:全脳など)を1-3日で染色
  • タッチパネルによる簡単操作
  • 半透膜を用いた電気泳動染色で電気化学反応によるカーボン付着を防止
  • 温度制御による組織損傷を抑制

小動物の組織に対応、均一性の高い染色

  • 小動物の組織に対応
  • 組織表面から深部まで均一性の高い染色

高いコストパフォーマンスを実現

  • 低容量の抗体でコストパフォーマンスを実現

論文実績のある透明化サンプルの染色方法に対応

  • CLARITY (Chung, Nature, 2013)
  • SWITCH (Murray, Cell, 2015)
  • MAP (Ku, Nature Biotechnology, 2016)

○SDS電気泳動技術を用いた高効率染色

 

右図はSmartLabelに使用されている透明化チャンバーの上面図です。両サイドに電極が設置されており中心にサンプルをセットします。電極とサンプルの間には半透膜が設置され、電気化学によって電極から発生するカーボンの組織への付着を防止しています。

高速に抗体を組織の深部へと押し込むことで組織表面から深部まで均一性の高い染色が可能です。組織を置くサンプルホルダーはマグネット式で固定され、回転機能が備わっています。サンプルホルダーが回転することで組織の部分的な染色ムラも抑制しています。


○抗体の浸潤と結合のプロセスを分ける新しい染色方法の確立(SWITCH法)

 

SmartLabelでは、組織を表面から深部まで均一に染色するために、SWITCH法と呼ばれる新しい染色方法のアプローチを利用しています。Labeling -OFFとLabeling -ONバッファーの2種類の染色用溶媒を利用して、抗体の組織への浸潤と結合のプロセスを分けることで、染色ムラなく組織の抗体染色が可能です。

・Labeling-OFF:抗体は抗原に反応せず、深部へ浸潤させるプロセス

・Labeling-ON:抗体が抗原へと結合するプロセス

この手法と電気泳動を組み合わせることで、高速かつ均一な染色を実現しております。


○圧倒的な染色力

 

SmartLabelで染色した場合と通常の浸漬法で抗体を染色した場合の染色度の比較をしたのが左図になります。1日染色した場合、浸漬法では深部まで染色されていないのに対して、SmartLabelでは全体的に染色がされていることが分かります。

論文情報:Stochasitic electrotransport selecively enhances the transport of highly electromobile molecules. Kim et al., PNAS 2015 112(46) E6274-83


型式 製品名
STM-SL2P SmartLabel 2ch高速免疫染色システム
-SmartLabelPro モジュール
-SmartBoxSLコントロールモジュール
-SmartBoxSLパワーモジュール
-SmartLabel用サンプルホルダー
-染色用バッファーキット(5組)
BF-IL01 染色用バッファーキット (5組)