1台で透明化と免疫染色を両方行えるハイスループットシステムです!

SmartBatch+ 高速組織透明化&免疫染色システム



SmartBatch+は新しいClear+透明化試薬によるアクティブな透明化と、eFlash法によるアクティブな免疫染色までを1台で行えます。一度に12個のマウス全脳を処理できるハイスループットシステムです。組織の膨張を抑え、組織を最大限に透明化し、組織の表面から深部まで均一に免疫染色を行えます。

・多機能: SmartBatch+は透明化と免疫染色を1台のデバイスで実行します。それぞれに専用のバッファを用います。

・高速、均一なラベリング: eFLASH法(bioRxiv 2019)を特許取得のStochastic electrotransport(SE, PNAS 2015)でSWITCH法(Cell 2015)と組み合わせることにより、組織膨張を抑え均一に免疫染色を行います。

・経済的: SmartBatch+はマウス全脳サイズのサンプルの免疫染色にわずか4-20ugの抗体で済みます。手作業の時間も非常に短いです。

・ライトシート顕微鏡に最適: SHIELD法による組織固定と組み合わせ、SmartBatch+はすべての作業ステップを通して組織の蛍光シグナル、抗原性、分子構造および物理構造を保護します。

透明化

Clear+バッファを使った電気泳動による透明化では、回転した電気フィールドがチャージしたSDSミセルをサンプルに送り込み、高速で均一な脱脂を行います。Clear+は透明化後にサンプルのモーフォロジーを変えない唯一の既存技術です。様々な組織や大きなサンプルにも対応しており、マウス全脳においてはSmartBatch+は数分の手作業、1日の電気泳動で透明化が完了します。

 

 

免疫染色

 

Stochastic Electrotransport法では抗体が組織表面に集中することなく、深部まで均一にラベリングが行えます。さらに、従来の透明化手法におけるパッシブな染色法と比較し、1オーダー少ない抗体量で済み経済的です。

現在までに50以上の抗体についてバリデーションを行っており、神経科学、ガン、発達、疾病の分野でポピュラーな分子ターゲットをカバーしています。

 

 

Lifecanvasの最適化されたサンプル処理パイプライン

 

・唯一無二のSHIELD法による組織固定

SmartBatch+Clear+バッファを用いたハイスループットな組織透明化

SmartBatch+によるアクティブな免疫染色

SmartSPIMによる高速かつ高分解能なライトシートイメージング

SmartAnalyticsによる論文用データ解析

 

 

型式 品名
SB+ SmartBatch+ 高速組織透明化&免疫染色システム
SB-CK-60 Clear+キット(SmartBatch+用、脱脂バッファ、導電バッファ)
SB-SSSKS シングルサンプル染色キット
SB-BSK バッチ染色キット
SB-CC クリアリングカップ(2個入)
SB-BC バッチ染色カップ(2個入)
SB-SC シングル染色用サンプルカップ(SmartLabel、SmartBatch+用、2個入)
SB-AK アクセサリーキット
SB-SB サンプルバッグ
SB-SR サンプルリング&ロックリング

 

このページの商品のお問合せ

Please wait...