トランスポーターの活性を直接評価

SURFE2R(サーファー/SURFace Electrogenic Event Reader)テクノロジーは、特殊な被膜加工を施した金電極でトランスポーターやチャネルといった膜輸送タンパク質の活性を電気生理学的に測定する新技術です。トランスポーターを含有する細胞膜および形質膜のフラグメントを電極表面に結合させ、金属イオンおよびイオン化した基質がトランスポーターを通過する際の電流を直接測定します。

1個以上の細胞から由来する膜(通常1000 - 10000細胞/1センサ)を用いるため十分な電流が確保でき、従来法では困難だったトランスポーターの電気生理学的測定が可能となりました。



特徴

  • ラベルフリーでトランスポーターの活性を直接評価可能
  • 生きた細胞でなく膜そのものを測定に使用するため、安定性・再現性に優れる
  • 従来の電気生理学的手法をはるかに上回る測定精度
  • ハイスループットな自動化システム
  • 調製した膜標本は数か月間使用可能

データ例

NCX1 (Na+/Ca2+交換体)の阻害実験

※1

SURFE2Rテクノロジーで測定したNCX1阻害薬のIC50

※2


Gly-Glyにより誘起されたヒトPEPT1の電流 - Zn2+の存在下と非存在下で測定

SURFE2Rテクノロジーで測定したPEPT1の基質濃度依存的な応答


用途に合わせて2種類のモデルを選択

研究用:SURFE2R N1

SURFE2R Workstation5は1チャンネルのベンチトップ型システムです。研究用およびミディアムスループットスクリーニング用に最適です。シングルバイオセンサーを測定に用います。SURFE2R Workstation5はセンサーホルダー、専用アンプ、オートサンプラーを備え、また制御・記録用のソフトウェアがインストールされたWindowsコンピュータを本体に内蔵しています。

スクリーニング用:SUFER2R N96

SURFE2R N96はフルオートメーション制御のハイスループットスクリーニング用システムです。96ウェルのセンサープレートを測定に用い、モデル500は一日当たり約500データポイント、モデル5000は約4000データポイントの測定が可能です。

SURFE2R N1ワークステーション

シングルセンサー

SUFER2R N96ワークステーション内部

96 ウェルセンサープレート


測定実績のある膜タンパク質

SURFE2RはCHO細胞などの強制発現培養細胞、プロテオリポソーム、またNativeな組織から調整した膜の使用実績があります。


〇オーダーインフォメーション

型式 構成
17 2001 SURFE2R 96SE
  • SURFE2R 96SEレコーディングモジュール
  • Cybio Felixリキッドハンドリングプラットフォーム
  • 96chアンプ
  • 電極キット
  • ウォッシングステーション
  • ソフトウェア
  • PC&モニター
  • Labwareスターターキット
  • ピペットスターターキット
  • ツールキット
  • ペンシル型超音波装置
15 1001 SURFE2R N1 Workstation
  • SURFE2R N1レコーディングステーション
  • ソフトウェア
  • オートサンプラー
  • 1chアンプ
  • Labwareキット
  • モニター
  • ペンシル型超音波装置

 

このページの商品のお問合せ

Please wait...