学生が自ら実習を進めることができるアクティブラーニングソフトウェア

Lt サービスを用いることにより、実習室において、PC画面上に、画像や動画を用いた実習の手順・プロトコルが表示され、学生はそれらに従って実験を進めることができ、PowerLab を用いたデータの記録ができます。その後、自宅やコンピュータ室のパソコンやタブレット端末で、自身の測定結果にアクセスし、データ解析、グラフの作成、設問への回答、レポートの提出をオンラインで行えます。

1年間有効のアカウントを学生数分、毎年購入いただくサブスクリプションサービスとなります。学生は、自身のアカウントでログインし、実験やレポート提出を行います。

(サブスクリプションサービスを望まない場合は、Lt LabStationソフトウェアをご検討下さい。)


リアルタイム測定とデモデータ

PowerLabと接続したパソコンにログインした場合、リアルタイムで生体信号を測定できます。
1つのレッスンに対して、複数のアカウントでログインし、グループで測定結果を共有することもできます。

また、既に測定でしたデータを、デモデータとして表示できます。学生が、リアルタイムで測定できないオンライン授業において、活用いただけます。
(シミュレータ機能はございません)


レッスン内容を自由にカスタマイズ

ADInstumentsが用意した様々なレッスンをそのまま利用することができますが、そのレッスンを編集したり、新規でレッスンを作成することもできます。

データ収録パネルは、LabChart v8の設定ファイルをベースにしておりますのでLabChartを実習で用いている方は、比較的容易に変換できます。
(LabChart機能の一部は使用できません。お問い合わせ下さい)

ADInstumentsが用意した生理学実習の内、日本語化したもののリストは、
Lt LabStationのサポートページをご参照ください。


学生は、自由な場所から
実験結果の確認とレポート提出ができる!

実習室での測定の後、学生は、自宅や大学のコンピュータ室で、パソコンやタブレットを用いて、自身のアカウントでログインし、行った実験にアクセスできます。

測定結果の解析、グラフの作成、設問に回答を行い、オンラインで、レポートを提出することが可能です。


Lt サービス 実習の実施の流れ

  • 画像や動画で表示されるプロトコルに従って、マウスとキーボードを使用して、ステップ・バイ・ステップで実習を進めることができます。
  • PowerLab をPC 画面上で操作し、データを記録。数値の抽出、表・グラフの作成など一連の操作が行えます。
  • シグナルの記録設定は全てプリセットされているので、実習中に調整する必要はありません。また、誤って設定を変更してしまう恐れもありません。設定調整に紛らわされずに、実習の内容により集中できます。
  • 複数の実験を同じソフトウェアで実施することで、ソフトウェアの操作に慣れ、円滑に実習を進行することができます。

学生は、PowerLabに接続された実習室のパソコンで、自身のアカウントでログインし、リストの中から実施するレッスンを選択します。
*実習室のパソコンは、インターネットに接続している必要があります。



Lt サービスのレッスンのカスタマイズ

教官には、別のアカウントが発行され、レッスンのカスタマイズや公開、学生アカウントの管理などが行えます。ADInstrumentsが用意したレッスンの内容を確認し、自身の好みの実習内容に編集し、公開することで、実習に使用できます。

レッスンの新規作成・編集は、より簡単に行うことができるようになりました。

  • データ収録パネル
    様々な測定に対応したデフォルト設定を用意!
    LabChart 設定ファイルを読み込み可能*。
  • 動画/ 画像パネル
    動画(.mp4)や画像(.jpge)を、ドラック&ドロップで簡単に挿入可能。
  • 設問パネル
    テキストの設問の他、複数の言葉や画像からの選択など、様々な形式の設問の設定も可能!
  • 作図機能
    折れ線や棒グラフなど様々な作図設定が可能。
  • 表機能
    表の作成もより簡単になりました!波形から抽出した値を、ドラック&ドロップで表に追加できます。
*LabChart のAdd-on 機能は、Spirometry のみ利用可能です。その他のAdd-on 機能はご利用できません。
*データパッド設定は、そのまま読み込まれません。別途、表パネルを用いて設定する必要があります。
*LabChart との機能の違いの詳細に関しましては、お問い合わせください。

Lt サービスとLt LabStationの違い

 
  Lt サービス Lt Labstationソフトウェア
ライセンス管理 学生1人につき、1アカウントを持ち、ログイン(1年間有効) 実習室のパソコンにソフトウェアをインストール(1ライセンスにつき、PC1台)
(5年間の保証付)
ライセンス費用 学生数分のアカウントを毎年購入 ソフトウェア導入時に購入(5年以降要メンテナンス費用)
実習の実施 PowerLabに接続したコンピュータ上で、クラウドサービスにログイン
リスト内のレッスンを選択して、実習を開始。
ソフトウェアがインストールされたパソコンに、PowerLabを接続。
レッスンファイルをクリックして、実習を開始。
実習室のインターネット接続 インターネット接続が必要 インターネット接続が不要
レポート提出方法 学生が自身のアカウントにログインし、設問に回答し、オンラインで提出 実習終了時に、PDFレポートを出力。レポートを印刷し、回答を書き込み、印刷物を提出
学生の実験へのアクセス 自身のアカウントでログインし、レッスン内容にいつでもアクセス可能 データは、実習室のパソコン上のみなので、学生がアクセスできるのは、出力したレポートの内容のみ。
教官によるレッスンのカスタマイズ クラウドサービスにより、実習内容の修正や新規作成が可能 クラウドサービスにより、実習内容の修正や新規作成が可能

試用版にてお試しください!

90日間のフリートライアルにてお試しいただくことができます。こちらにアクセスしてください。

下記の動画にて、設定方法が確認できます。