自由に行動する動物の姿勢均衡・各肢にかかる体重負荷を別々に測定!

体重負荷試験装置 - Dynamic Weight Bearingテスト




マウス/ラットのデモンストレーションにも対応しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

自由に行動する動物の姿勢均衡・各肢にかかる体重負荷を別々に測定

「Incapacitanceテスト」と呼ばれる試験装置は痛覚試験ではよく知られております。Von Frey試験などのほかの痛覚試験との相対性が見られますが、動物の体位に依存する部分が問題になることもありました。

Bioseb社が開発したDynamic Weight Bearingシステム(体重負荷測定装置)は、フリームービングにおいての小動物の四肢の重量を個別に測定します。各脚の平均圧力から痛みを評価したり、各脚の時間配分などが測定できます。

この体重負荷試験装置は、圧センサーフロア付きのケージとカメラで構成されています。

データ収集時には、圧力データとビデオカメラの動画と同期されます。録画した動画ファイルを使用して実験を再現することで、動物の振る舞いや行動を補足し、圧力データに対して対応する四肢を特定します。同じ試験からより多くの情報を得ることができます。

結果ウィンドウには、指定した時間間隔ごとに、動物の四肢の体重分散が平均値や差異係数と共に、数値やグラフとして表示されます。
データは全てExcelファイル形式で提示されます。

新バージョンv2 でより使いやすく、正確に!
  • センサーのサンプリングレートが10/s から30/s に増え、より正確な解析が可能になりました。
  • 動物の姿勢の自動認識アルゴリズムが刷新され、より正確に四肢の自動検出が可能になりました。解析時間をより節約できます。

仕様
全体の寸法 マウス用 W 170 × D 170 × H 220 mm
ラット用 W 300 × D 300 × H 350 mm
全体の重量 マウス用 1 kg
ラット用 2.5 kg
動物用ケージの内部寸法 マウス用 W 115 × D 115 × H 220 mm
ラット用 W 220 × D 220 × H 300 mm
センサーの正確性   1 g
センサーの精度 マウス用 0.2 g
ラット用 0.8 g
センサー範囲 マウス用 15 ~ 50 g
ラット用 150 ~ 500 g
ケージの材質(床)   グレーのPPC
ケージの材質(壁および上部カバー)   透明PPC
ソフトウェアの推奨システム環境   Windows 10
Intel 4 cores: 2.5 GHz
最小8Gb
ディスプレイ: 最小1920 × 1080
USB ポート2 つ
電源   PC USB ポートから給電

解析画面1 動物の動きごとに、様々なパラメータを算出

解析画面2 動物の姿勢ごとにグラフ表示

測定パラメータ
  • 各肢にかかる体重負荷、平均負荷、変動係数
  • 前肢、後肢の体重負荷比率
  • 各肢の面積
標準構成
  • 動物用ケージ
  • センサーパッド 1枚
  • Web カメラ
  • ソフトウェア

型式 品名
BIO-DWB-M マウス用体重負荷測定装置
BIO-DWB-R ラット用体重負荷測定装置
BIO-DWB-DUAL マウス・ラット用体重負荷測定装置
BIO-DWB-M-C マウス用センサーパッド(交換用)
BIO-DWB-R-C ラット用センサーパッド(交換用)

このページの商品のお問合せ

Please wait...