マウス/ラッ トの肢の圧刺激に対する痛みの評価

小動物用ピンチャー



ピンチャーを用いることで、マウス、もしくは、ラットの肢の圧刺激に対する痛みの閾値を、Randall&Selitto試験に比べて、より早く、より正確に、測定することができます。また、最小限の拘束で測定できるので、データのばらつきを少なくできます。

リモートフットスイッチにより、ゼロをとり、実験をまた、本体のみで実験を行うことができ、100 のデータを本体に保存です。

同じコントロールユニットで、マウス用/ ラット用ピンチャー、SMALGO のセンサー部分を差し替えて利用することができます。

コンピュータへのデータ出力が可能!

本体のみで実験を行えますが、SEDACOM ソフトウェアにより数値データをコンピュータに転送しExcel 形式で保存できます。

また、BIO-CIS ソフトウェアにより、リアルタイムで表示された圧力波形を確認しながら、測定を行えます。


仕様
測定範囲 0 - 2000 g
精度 0.1 g
電源 AC 110 / 220 V、50/60 Hz

型式 品名
BIO-RP-M+ マウス用ピンチャー (SeDaCom付)
BIO-RP-M マウス用ピンチャー  
BIO-RP-R+ ラット用ピンチャー (SeDaCom付)
BIO-RP-R ラット用ピンチャー 
オプション
BIO-RP-MAPIP マウス用ピンチャー(スペア)
BIO-RP-RSPIP ラット用ピンチャー(スペア)
BIO-SMALGOSPIP SMALGO センサー(スペア)
SEDACOMV2.0 SeDaCom データ収録ソフトウェア
ELE-CENTORRS232 コンピュータ接続用RS232 ケーブル
BIO-CIS BIO-CIS ソフトウェア