鎮痛、痛覚、神経障害研究に最適!

Von Frey式電子痛覚装置




 測定項目
  • 動物の肢に現在加えられている力(グラム)
  • 動物の反応を誘発するピーク力

優れた温度安定性、高温と低温の両方を制御

ビデオ内蔵の新しいVon Frey 式電子痛覚装置EVF4 は、動物(マウス/ ラット)の機械的な感覚閾値を簡単に、素早く測定します。鎮痛、痛覚、神経障害研究に最適です。

基本的には、動物の後ろ足の中央端にチップをあてます。刺激に対して足を引くと反応として登録されます。それに対応した力がシステムにより記録され、感覚閾値の結果として。本体のスクリーン上に表示されます。表示の精度は0.1g です。温度ドリフトなどはなく、測定値には高い正確性と再現性があります。チップはラット用(ハードプラスチックチップ)とマウス用(弾性チップ)の両方を使うことができます。フットスイッチが付属しているのでハンドフリーで実験を行えます。


また、内蔵されたビデオにより、ソフトウェア上で、足裏の映像を表示することができ、これにより、より正確に、より快適なデータ収集に役立ちます。


本体のみでも使用することができ最大100 の値を記憶することができます。


 標準構成
  • Von Frey 式電子痛覚装置
  • 使い捨てのプラスチックチップ× 10
  • 弾性チップ(閾値0 ~ 10 g)× 1
  • フットスイッチ(表示値をゼロにリセット)
  • 持ち運び用キャリーケース
  • ソフトウェア

型式 品名
BIO-EVF5 Von Frey式電子痛覚装置 EVF5 (カメラ/ ソフトウェア付)
BIO-EVF5-TABLET Von Frey式電子痛覚装置 EVF5
(カメラ/ タブレットPC / ソフトウェア付)

オプション
BIO-EVF-D ハードプラスチックチップ(10個入り)
BIO-EVF-RS 弾性チップ
仕様
測定範囲 0 ~ 500g
精度: 最小単位0.1g、正確性0.2g
温度補償 0 ~ 50℃
統計機能 保存されている全てのデータについて平均値と標準偏差を算出
内部記録 最大100 の値
電源 AC 110/220 V(その他の電圧にも対応可)
重量 6.5kg
ソフトウェアの
推奨システム環境
Windows 7 / 8 / 10 (64bits)
USB 2.0 ポート 1 つ、または、2 つ
CPU: CORE i5 6th Gen.
RAM: 4Gb
FHD (1920 × 1080p)( タッチスクリーン推奨)