後肢に炎症または神経損傷を持つ実験動物モデルの自発痛評価に

両足圧力差痛覚測定装置 - Incapacitanceテスト



コントロールユニットとセンサー、マウス/ラット用ホルダー

実験時に侵害性または非侵害性の刺激を与えることなく自発痛を評価

両足圧力差痛覚測定試験は、後肢に炎症または神経損傷(神経障害や切開など)を持つ実験動物モデルの自発痛評価に適しています。従来の侵害性閾値測定の場合、痛覚感受性レベルの測定は可能ですが、侵害刺激を与えない限り自発痛レベルを評価できません。
この試験では、ホルダーに被験動物を入れ、2 枚のセンサープレートの上に置きます。動物は自発痛のある肢に体重がかからないような体勢をとります。動物が左右の後肢にかけている体重を2 枚のセンサーで別々に測定することで、自発痛のある肢をかばっている状態を数値化できます。

後肢に傷がないラットの場合、片方の肢をかばう必要がないので、両方の後肢に均等に体重がかかります。ラットの一方の後肢の組織を傷つけると、センサーにかかる体重配分に変化が生じ、損傷した後肢にかかる重量が小さくなります。

各センサーにかかっている現在の重量値がLE7950 コントロールユニットのLCD ディスプレイに表示されます。表示値の単位(グラム、ニュートン、オンス、ポンド)はユーザが選択できます。試験の開始と停止をリモートフットスイッチで制御できるので、両手を使って実験を行えます。

タッチスクリーン式のコントロールユニットには、測定中、試験対象となる動物グループの統計データ(平均値とSD 値)も表示できます。


仕様
精度 0.05 g
平均 1~300秒
過圧 2000 g
寸法(コントロールユニット) W 170× D 250 × H 100 mm

構成例
マウス用
型式 品名
LE7950+ 両足圧力差痛覚測定コントロールユニット(SeDaCom付)
LE7900 両足圧力差痛覚測定センサー
LE7920 マウス用両足圧力差痛覚測定ホルダー

マウス用とラット用
型式 品名
LE7950+ 両足圧力差痛覚測定コントロールユニット(SeDaCom付)
LE7900 両足圧力差痛覚測定センサー
LE7920 マウス用両足圧力差痛覚測定ホルダー
LE9230 ラット用両足圧力差痛覚測定ホルダー

測定のイメージ
コントロールパネルの
ディスプレイ表示

コンピュータへのデータ出力が可能!

本体のみで使用することもできますが、SEDACOM 2.0ソフトウェアをインストールしたPCがあれば、本装置で収集したデータをPCへ送信し、Excel形式で保存できます。(フロントパネルに表示される波形データの出力はできません)


測定項目
  • 各センサーに現在加えられている重量値
  • ユーザ指定の時間間隔で計算された平均値
標準構成
  • コントロールユニット
  • フットスイッチ
  • ケーブルとコネクター

型式 品名
LE7950+ 両足圧力差痛覚測定コントロールユニット(SeDaCom付)
LE7950 両足圧力差痛覚測定コントロールユニット
LE7900 両足圧力差痛覚測定センサー 
LE7920 マウス用両足圧力差痛覚測定ホルダー  
LE7930 ラット用両足圧力差痛覚測定ホルダー 
オプション
SEDACOMV2.0 SeDaCom データ収録ソフトウェア
CONRS232USB RS232/USB 変換機
商品リスト