げっ歯類の協調運動や前庭機能の評価に!

背地走性テストボード- Inclined Geotaxis Board



背地走性テストボード(Inclined geotaxis board)は主に、げっ歯類の協調運動や前庭機能の評価に用いられます。
被験動物は、傾いたプラットフォームのに、頭が下になるように(negative geotaxis)置かれ、頭が上向きに方向転換するまでの時間を測定します。異なる傾きで繰り返すこともできます。傾きが厳しいほど、方向転換しにくくなります。
プラットフォームは、0°から90°まで変更することが可能です。

仕様
プラットフォームの寸法 66 x 45.5 cm
素材 ステンレススチール
傾きの幅 0°~ 90°
メッシュグリッドの間隔 1 × 1 cm(正方形)

型式 品名
LE2801 背地走性テストボード
商品リスト