簡易のラダー歩行試験装置

手動ラダー歩行試験装置



このラダー歩行試験装置(foot misplacement App)は、ラットやマウスの協調運動や歩行バランスを評価するための装置です。運動機能のかすかな損傷を評価する定性的な試験で、脊髄損傷やパーキンソン病の研究に用いられます。
プレキシグラス製の透明な壁の狭い通路があり、その両端に2 つのプラスチック製のホームケージがつながっています。通路の床は、取り外し可能な金属製のバーで構成されています。通路の幅は、動物が反転できないようなサイズに調整できます。
動物を通路の一端に置き、水平なはしごをわたらせるようにバーの上を歩かせます。 そして、バーを踏み外した回数を、前肢と後肢と別々にカウントします。
(カウントは手動で行います。)
いくつかのバーを取り除くことで、バーの間の距離(スペース)を変え、動物にとってより難しい試験にすることができます。
バーのスペースを変えることで、動物がバーの位置を覚えることを防ぎ、学習による機能障害の補完の影響を抑えることもできます。

仕様
長さ(通路) 100cm
高さ(通路) 20cm
素材(通路) パースペクス(透明)
長さ(バー) 13cm
直径(バー) 0.3cm
素材(バー) 金属
型式 品名
LE780 手動ラダー歩行試験装置
商品リスト