場所嗜好性 Place Preference試験ボックスは、げっ歯動物の条件付け場所嗜好性/嫌悪性を自動的に評価する標準のボックスです。これらの試験は、薬剤(または自然刺激)における強化作用のスクリーニング、および薬物依存と報酬にかかわる脳神経生物学システムの研究で広く用いられています。

この実験装置は、同じサイズの2つのパースペクス製ボックスがグレーの通路で連結されています。これらのボックスは、視覚(黒色ボックスと白色ボックス)および触覚(滑らかなフロアと粗いフロア)で互いに差別化することができます。ボックスの正面壁は透明ですが、取り外し可能な不透明なカバー(付属品)で覆うことができます。また、2つのボックスの通路側には、手で開閉するスライドドアが付いています。


標準構成
  • 場所嗜好性 Place Preference試験ボックス
  • 荷重トランスジューサ(自動ボックスのみ)
  • コントロールユニット(自動ボックスのみ)
  • 取り外し可能な不透明の壁カバー

測定項目
  • 各コンパートメントへの合計進入回数
  • 各コンパートメントへの進入頻度の割合(%)
  • 各コンパートメントでの滞在時間
  • 合計実験時間に占める滞在時間の割合(%)
  • 動物の移動状況(時系列順)

構成例
場所嗜好性試験・ビデオ解析(マウス)
型式 品名
LE891-S マウス用場所嗜好性Place Preference試験ボックス≪SMART割≫
SMARTV3.0 SMARTV3.0ビデオ行動解析ソフトウェアプラットフォーム
SMARTCPP SMART 空間嗜好性試験モジュール

場所嗜好性試験・荷重センサー検出(マウス)
型式 品名
LE893 マウス用自動場所嗜好性Place Preference試験ボックス
PPCWIN PPCWIN チャンバーコントロール&データ取得ソフトウェア
2つの自動検出方法

2つの方法で動物を自動的に検出し、解析することができます。

【ビデオ解析で動物を検出!】

【荷重トランスジューサで動物を検出!】

  • 荷重センサーを備えた自動場所嗜好性Place Prefrence試験ボックスとPPCWINソフトウェアを用いて、動物を検出!
  • 1つのコンピュータで、最大8つのボックスを制御可能!


お得なSMART 割!

SMART V3.0 をお持ちのお客様、SMART V3.0 を新規購入いただけるお客様には、通常よりも安価で購入いただけます!


仕様
  ラット用ボックス マウス用ボックス
コンパートメント寸法 W 300 × D 300 × H 340 mm W 100 × D 130 × H 130 mm
通路寸法 W 80 × D 100 × H 340 mm W 72 × D 72 × H 130 mm
ドア寸法 W 100 × H 140 mm W 60 × H 60 mm
材質 パースペクス
認証規格 CE準拠
電源 AC 110 / 220、50 / 60 Hz

型式 品名
LE890 ラット用場所嗜好性Place Preference 試験ボックス 
LE891 マウス用場所嗜好性Place Preference試験ボックス
LE892 ラット用自動場所嗜好性Place Preference試験ボックス
LE893 マウス用自動場所嗜好性Place Preference試験ボックス
SMART割
LE890-S ラット用場所嗜好性Place Preference 試験ボックス≪ SMART 割≫
LE891-S マウス用場所嗜好性Place Preference試験ボックス≪ SMART 割≫
オプション
SMARTV3.0 SMARTV3.0ビデオ行動解析ソフトウェアプラットフォーム
SMARTCPP SMART 空間嗜好性試験モジュール
PPCWIN  PPCWIN チャンバーコントロール&データ取得ソフトウェア
商品リスト