テールフリック鎮痛効果測定装置と固定器

熱刺激とフォトビームトリガーの最適な組み合わせで反応を正確に検知

この装置は被験動物の尾部に放射熱を照射します。動物が痛みを感じて尾部を跳ね上げると(テールフリック)、刺激とタイマーが停止し、熱刺激開始から動物が反応するまでの時間が測定されます。試験の開始と停止をフットスイッチで制御できるので、両手を使ってすみやかに実験を行えます。本装置は刺激ユニット(熱源としてハロゲンランプを使用)とコントロールユニットで構成されており、様々な大きさのラットやマウスを試験できます。SeDacomソフトウェアにより、測定したデータをコンピュータに送り、Excel形式で保存できます。

本装置は刺激ユニット(熱源としてハロゲンランプを使用)とコントロールユニットで構成されており、様々な大きさのラットやマウスを試験できます。被験動物を固定器(別途購入必要)に入れ、刺激ユニットのプラットフォーム上に置いて、尻尾を外に出し、スロットの溝に沿わせて正しくセットします(スロットの幅は調整可能)。試験の開始と停止をリモートフットスイッチで制御できるので、両手を使ってすみやかに実験を行えます。

感度調節可能なフォトビームがテールフリックを検知し、コントロールユニットのデジタルディスプレイにその反応潜時が自動的に表示されます。反応時間は0.1単位まで測定されます。遮断時間(既定値は20 秒)を設定できるので、組織に損傷を与える心配がありません。尾部を固定する溝と反応感度調節機能により、再現性と信頼性に優れた結果が得られます。


標準構成
  • コントロールユニット
  • 刺激ユニット
  • マウス尾部アダプター
  • フットスイッチ
  • 交換用ヒューズセット
  • ケーブルとコネクター
測定項目
  • 動物が熱刺激に反応するまでの時間
コンピュータへのデータ出力が可能!

本体のみで実験を行えますが、SEDACOM ソフトウェアを用いることで測定したデータをRS-232 ポート経由でコンピュータに転送しExcel 形式で保存できます。

仕様
寸法(コントロールユニット) 350 × 350 × 130 mm
寸法(刺激ユニット) 400 × 140 × 155 mm
寸法(固定器-内径) LE5016   90(* 78)× 30 mm
LE5018 100(* 88)× 34 mm
LE5020 150(* 138)× 44 mm
LE5022 180(* 168)× 54 mm
LE5024 200(* 188)× 64 mm
LE5025 225(* 213)× 74 mm
* 2 つのドアを閉じた状態の内径
電源 AC 110/220 V、50/60 Hz
材質 メタクリル樹脂、ハロゲンランプ

型式 品名
LE7106+ テールフリック鎮痛効果測定装置 (SeDaCom付)
LE7106  テールフリック鎮痛効果測定装置
固定器
LE5016 マウス固定器小
LE5018                              マウス固定器大
LE5020 ラット固定器(150g)
LE5022 ラット固定器(250g)
LE5024 ラット固定器(400g)
LE5025 ラット固定器(500g)
オプション
SEDACOMV2.0  SeDaCom データ収録ソフトウェア
CONRS232USB RS232/USB 変換機
商品リスト