動物のホームケージ内でVogel 型実験を直接実施

Vogel 型試験装置



LE862 マウス用Vogel 型試験セットとLE10025 とLINKBOX01HS
LE865 マウス用Vogel 型試験セット

動物のホームケージ内でVogel 型実験を直接実施することが可能

Vogel 型試験は、薬剤の潜在的な抗不安作用を迅速にスクリーニングする手段として広く用いられています。

この試験では、動物が摂水行動をとった時点で軽い電気ショックを与え、動物の摂水量を大幅に減少させます。その後、抗不安作用のある薬剤によって摂水反応を回復させます。

このVogel 型試験装置は、標準のホームケージとグリッドフロアで構成されています。特殊なニップルに接続された電子装置により、動物が水を飲もうとしてニップルに触れると、その行動を確実に検知してカウントします。独自設計のニップルを採用しているので、動物が偶然ニップルに触れた場合や不明確な場合は摂水反応と見なされません。

マルチケージ構成では、1 つのコンピュータで最大32台のケージを制御しVogel 型試験を実施できます。これらのケージをリンクボックスに接続し(1 台で8 つのケージに対応)、摂取センサーシステム、LE10025Vogel 型試験電気刺激装置(各ケージに1 台)、およびPackwin ソフトウェアを互いに連携させれば、高度なプロトコル設定とデータ取得が可能になります。ケージとコンピュータの相互接続にはRS-232 シリアル通信を使用します。


標準構成
  • 摂取検出機能を備えたケージ
  • 特殊ニップル付きのボトル
  • 試験用電極
  • ケーブルとコネクター
測定項目
  • 試験ごとの合計接触回数
  • 各試験で電気刺激を受けた合計回数

構成例
Vogel 型試験(マウス1匹)
型式 品名
LE862 マウス用Vogel 型試験セット( コントロールユニット別売)
LE10025 Vogel 型試験電気刺激装置
LINKBOX01HS リンクボックス<ハイスピード>
PACKWIN2.0 PACKWIN オペラントソフトウェアプラットフォーム
PACKWINVT PACKWIN Vogel 型試験モジュール

Vogel 型試験(ラット1匹)
型式 品名
LE865 ラット用Vogel 型試験セット( コントロールユニット別売)
LE10025 Vogel 型試験電気刺激装置
LINKBOX01 リンクボックス<ハイスピード>
PACKWIN2.0 PACKWIN オペラントソフトウェアプラットフォーム
PACKWIN2.0 PACKWIN Vogel 型試験モジュール
仕様
LE3208 内部メモリ(最大99 の試験に対応)
LE10025 電気ショッカーの強度: 0.1 ~ 2 mA、適用時間: 0.1 ~ 10秒

型式 品名
LE862 マウス用Vogel 型試験セット( コントロールユニット別売) 
LE865 ラット用Vogel 型試験セット( コントロールユニット別売)
LE10025 Vogel 型試験電気刺激装置
LINKBOX01 リンクボックス<ハイスピード>
PACKWIN2.0 PACKWIN オペラントソフトウェアプラットフォーム
PACKWINVT PACKWIN Vogel 型試験モジュール
オプション
LE8624 Vogel 型試験用ニップル・ボトル
LE8626 Vogel 型試験用電極
商品リスト