Multiwell MEAシステムの記録用ソフトウェア

Multiwell Screen (記録用ソフトウェア)




Multiwell Screen (記録用ソフトウェア)


心筋用ディスプレイ

神経用ディスプレイ



実験条件の設定 -化合物情報の入力-

 

各ウェルごとに化合物情報を登録することができます。さらにドーズ情報も設定することができ、各化合物ごとにドーズの濃度を設定すれば、いつでも読み出すことが可能です。

ここで設定した条件は、オンラインアナリシスのドーズレスポンスカーブに反映されます。



電気刺激

 

Multiwell MEAヘッドステージには電気刺激装置が内蔵されており、Multiwell Screen上で操作することができます。定電圧、定電流モードの両方を搭載しており、簡単なモノポーラやバイポーラ刺激であれば、パルス作成が可能です。より複雑なパルスの場合は、textファイルから読み出しインポートすることが可能です。モノポーラやバイボーラ刺激の場合、Multiwell Screen上で逆位相の刺激を簡単に打ち出すことができます。心筋細胞におけるペーシング刺激に最適です。




温度コントロール

 

Multiwell MEAは温度コントローラが内蔵されています。温度の管理はMultiwell Screen上で行なうことができ、実温度はリアルタイムで測定されていきます。



オンラインデータ解析


心筋用解析モード

 

心拍の成分であるQRSを認識し、R-R間隔をリアルタイムでモニターしたり、T波を検出してFPD解析をオン来で行なうことができます。

心筋用ディスプレイ

R-R間隔

T波検出


神経用解析モード

 

波形のベースラインのノイズレベルから閾値を判定し、スパイク検出を行ないます。このスパイク検出からバースト解析を行なうことも可能です。

スパイク波形の切り出しやスパイク検出に伴うPSTH表示、ラスタープロットも表示ができます。

神経用ディスプレイ(スパイクカットオフ)

PSTHディスプレイ



レポート機能

 
Multiwell Screenは測定が終了すると同時にPDF形式でレポートを排出する機能を持っています。サンプリングレートやフィルター設定、化合物条件、ドーズレスポンスカーブすべての条件が記載されています。



Multiwell Screenインストーラー

https://www.multichannelsystems.com/software/multiwell-screen

※MCSオリジナルサイトです。(英語)