Multiwell MEAシステム

 

24または96ウェルプレート対応のハイスループット型MEAシステムです。シンプルなデザインとセットアップで薬効評価やスクリーニングに最適です。

  • 24ウェルまたは96ウェルプレート対応
  • 最大サンプリングレート 50 kHz
  • 刺激装置、温度制御内蔵
  • 288電極または1152電極記録に対応

マルチウェルプレート

 

24、96ウェルプレートをご用意しています。細胞観察可能なガラスウェルプレートは安定した培養が得られます。PCB基板のプレートはリーズナブルな価格で提供しております。


ガラスウェルプレート


24ウェルガラスプレート

24ウェル電極レイアウト

96ウェルガラスプレート

96ウェル電極レイアウト


Multiwell MEAのガラスウェルプレートは、PCB基板にガラス板が埋め込まれた設計になっています。ガラス基板には記録電極が配置されており、参照電極はPCB側に配置されています。このような設計にすることで、培養がより簡易的になり、参照電極が細胞に付着する心配もありません。

○24ウェルガラスプレート

  • 電極材質:PEDOT (カーボンナノチューブ)電極
  • 電極直径:30 µm
  • 電極間隔:300 µm (center to center)
  • 電極数:12個

○96ウェルガラスプレート

  • 電極材質:金電極
  • 電極直径:100 µm
  • 電極間隔:700 µm (center to center)
  • 電極数:3個

ガラスウェルプレートの底板の構造


PCBウェルプレート


24ウェルPCBプレート

24ウェル電極レイアウト

96ウェルPCBプレート

96ウェル電極レイアウト


Multiwell MEAのPCBプレートは、エポキシ樹脂の基板となっており、低コストで実験ができます。ウェルはストレートのタイプで円筒状になっています。

○24ウェルPCBプレート

  • 電極材質:金電極
  • 電極直径:100 µm
  • 電極間隔:700 µm (center to center)
  • 電極数:12個

○96ウェルPCBプレート

  • 電極材質:金電極
  • 電極直径:100 µm
  • 電極間隔:700 µm (center to center)
  • 電極数:3個

96ウェル1152電極プレート


96ウェルプレートをベースに各ウェル12電極配置した高分解能なMEAプレートです。iPS神経やES細胞のスクリーニングに最適です。

○96ウェル1152電極PCBプレート

  • 電極材質:金電極
  • 電極直径:80 µm
  • 電極間隔:400 µm (center to center)
  • 電極数:12個

96ウェル1152電極プレート

96ウェル電極レイアウト



LEDアレー光刺激モジュール (オプション)

 

96ウェルプレートにマッチングした光刺激モジュールです。3色(青、緑、赤)の波長を設定でき、ソフトウェア上で刺激を行ないます。

96ウェルプレート用光刺激装置



ソフトウェア

 

Multiwell MEA専用ソフトであるMultiwell Screen(記録用)とMultiwell Analyzer(解析用)を使用します。心筋系と神経系の2つのディスプレイを持ち、解析のパラメータも実験系に応じて対応しています。特に薬効評価においてはドーズレスポンスカーブを各化合物ごとに作成することができます。

ソフトウェアの概要はこちら



仕様と構成

仕様 概要
チャンネル数 288または1152 (96ウェル1152電極プレートのみ)
ウェルプレート 24, 96
ウェルごとの電極数 24ウェル:12個
96ウェル:3個 or 12個
ウェル材質 ガラス or エポキシ樹脂
サンプリングレート 最大50 kHz/ch
A/D分解能 24 bit
刺激制御 電圧 ±10 V, 電流 ±500 µA
温度制御 ヒーター内蔵, 室温 ~ 50 ℃
PCインターフェース USB 3.0
I/O アナログ入力8ch, 16bitデジタルI/O

 

型式 品名
Multiwell MEA System マルチウェル電極アレイシステム
  • Multiwellヘッドステージ
  • インターフェース
  • PC
  • ソフトウェア
24W300/30G マルチウェルMEA用24ウェルプレート,ガラス
24W700/100F マルチウェルMEA用24ウェルプレート, PCB
96W700/100G マルチウェルMEA用96ウェルプレート,ガラス
96W700/100F マルチウェルMEA用96ウェルプレート, PCB
96W400/80F マルチウェルMEA用96ウェルプレート, PCB, 12電極

 



文献リスト

 

Edwards SL, Zlochiver V, Conrad DB, Vaidyanathan R, Valiquette AM, Joshi-Mukherjee R (2018) A Multiwell Cardiac muGMEA Platform for Action Potential Recordings from Human iPSC-Derived Cardiomyocyte Constructs. Stem Cell Reports.

Mulder P, de Korte T, Dragicevic E, Kraushaar U, Printemps R, Vlaming MLH, Braam SR, Valentin JP (2018) Predicting cardiac safety using human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes combined with multi-electrode array (MEA) technology: A conference report. J Pharmacol Toxicol Methods 91:36-42.

Telezhkin V, Straccia M, Yarova P, Pardo M, Yung S, Vinh NN, Hancock JM, Barriga GG, Brown DA, Rosser AE, Brown JT, Canals JM, Randall AD, Allen ND, Kemp PJ (2018) Kv7 channels are upregulated during striatal neuron development and promote maturation of human iPSC-derived neurons. Pflugers Arch.

Gazina EV, Morrisroe E, Mendis GDC, Michalska AE, Chen J, Nefzger CM, Rollo BN, Reid CA, Pera MF, Petrou S (2017) Method of derivation and differentiation of mouse embryonic stem cells generating synchronous neuronal networks. J Neurosci Methods.

Shen N, Knopf A, Westendorf C, Kraushaar U, Riedl J, Bauer H, Pöschel S, Layland SL, Holeiter M, Knolle S, Brauchle E, Nsair A, Hinderer S, Schenke-Layland K (2017) Steps toward Maturation of Embryonic Stem Cell-Derived Cardiomyocytes by Defined Physical Signals. Stem Cell Reports 9:122-135.

Rast G, Kraushaar U, Buckenmaier S, Ittrich C, Guth BD (2016) Influence of field potential duration on spontaneous beating rate of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes: Implications for data analysis and test system selection. Journal of Pharmacological and Toxicological Methods 82:74-82.