脳内、筋肉に電極を植え込み、麻酔下、無麻酔・無拘束状態で電位測定を行えます

4chヘッドアンプシステム



脳内、および筋肉に電極を植え込み、麻酔下、および無麻酔・無拘束状態で電位測定を行うために開発された新しいヘッドアンプシステムです。ヘッドステージにx1のボルテージフォロワ回路を内蔵させる事によりノイズ対策と脳内電位の測定精度の向上とが図られています。マウス・ラットの脳波、スパイク、筋電図記録に最適です。

  • マウスに使える超軽量ヘッドステージ(<1g)
  • ゲイン10段階可変(x1.2 / x5 / x10 / x50 / x100 / x500 / x1000 / x2000 / x5000 / x10000)
  • ハイパスフィルタ10段階可変(0.1Hz / 1Hz / 3Hz / 5Hz / 10Hz / 30Hz / 50Hz / 100Hz / 200Hz / 300Hz)
  • ロウパスフィルタ10段階可変(30Hz / 50Hz / 100Hz / 300Hz / 500Hz / 1000Hz / 2000Hz / 3000Hz / 4000Hz / 7000Hz)
  • 4chシングルエンド入力/3入力-1REF差動入力
  • HAS-4 4chヘッドアンプシステム内訳:HAS-4-MAIN 4chメインアンプ x1、HAS-4-HEAD 4chヘッドアンプ x1、HAS-4-CON or HAS-4-CON-R 入力オスコネクタ x1(ご注文時にヘッドアンプの入力コネクタを丸ピンか角ピンかをご選択ください。無指定で丸ピン)

HAS-4-MAIN 4chメインアンプ

前面

背面

ヘッドアンプへの電源供給、信号増幅、フィルタ処理を行います。

電源:DC5V(安定化電源付属)

出力コネクタ:BNCコネクタ


入力用コネクタ



  • 入力用コネクタは一般的な1.27mmピッチ丸ピンメスコネクタを使用しています。(注!:NeuroNexus社のCQ/HQシリーズが角ピンから丸ピンに変更になったことに伴い、2018年以降のHAS-4-HEADの入力もデフォルトで丸ピンに変更になりました。以前の角ピンのヘッドアンプもご提供できます。ご注文時にご指定ください。)
  • ピン配列はNeuroNexus社のQ-trodeのCQタイプと同じです。そのため、ピンヘッダを介してそのまま接続することができます。Q-trodeはNeuroNexus社の電極のうち最も安価なので、同社の電極を使い始めてみたい場合に最適です。

HAS-4-HEAD 4chヘッドアンプ

4chヘッドアンプ


・Gain:×1(ボルテージフォロワ)

・シングルエンド4ch(メインアンプでCH4 REFをEnableにすると、CH1~CH3: + / CH4:- の差動入力モードになります。

・ケーブル長さ指定可能(無指定で1m)

・入力ピンは1.27ピッチで、丸ピンか角ピンを指定可能(無指定で丸ピン)

・スプリング取付可能(無指定でなし)

・スリップリングへの配線承ります。ご相談ください。


型式 品名
HAS-4 4chヘッドアンプシステム
HAS-4-HEAD 4chヘッドアンプ
HAS-4-MAIN 4chメインアンプ
HAS-4-CON HAS-4用入力オスコネクタ(10入)、角ピン
HAS-4-CON-R HAS-4用入力オスコネクタ(2入)、丸ピン
商品リスト