ラットやマウスを無拘束で熱刺激し痛覚反応を測定します

37370 熱刺激鎮痛効果測定装置(プランターテスト)



Hargreaves法による痛覚過敏症試験用に最適な熱刺激装置です。ケージに入ったラットやマウスの後肢に赤外線熱刺激を与え、後肢を引っ込めた時間を自動計測します。左右の肢を個々に測定できます。繰り返し測定による再現性に優れています。大量の動物が短時間でテストでき効率的です。
測定データはPCに接続して保存記録することが可能です。ケージを区切ることにより3匹から、最大12匹のマウスの測定が可能です。


仕様
加熱方式 50W赤外線ランプ
熱刺激設定 可変式 10~99
反応時間 0.1秒刻み
寸法 850W x 400D x 350H(mm)、13kg
電源 100V、50/60Hz

型式 品名
37370 熱刺激鎮痛効果測定装置 (プランターテスト)
37370-005 ガラスプレート