ワイヤレスオプトジェネティクスのTeleopto テレオプト用アクセサリです

Teleopto テレオプト用アクセサリ



オプトジェネティクス用スティムレータ


仕様
チャンネル数 2ch
トリガー入力 独立2ch
ディレイ 100us - 9990s
パルス幅 100us - 9990s
インターバル 100us - 9990s
パルス数 1-999
リピート間隔 100us - 9990s
リピート数 1-999
振幅 0.0 - 5.0V

STOmk-2はオプトジェネティクス用に開発されたスティムレータで、光刺激のON/OFFをコントロールするためのパルスを出力します。下図の各パラメータをLCD上で設定し、トリガー入力およびトリガーボタンで刺激を出力します。2ch仕様で独立制御および同期制御が可能です。

型式 品名
STOmk-2 オプトジェネティクス用スティムレータ

ビデオトラッキングスティムレータ


USBカメラからの映像にゾーンを設定し、動物を追跡し任意のゾーンに入った時に任意のパルストレインを出力します。テレオプトと組み合わせることで動物の行動をフィードバックして光刺激するクローズドループシステムが完成します。

コントロールウィンドウ
カメラウィンドウ

型式 品名
VTS-4 ビデオトラッキングスティムレータ

光パワーメータ


仕様

対応波長

470nm (青)
530nm (緑)
590nm (黄)
630nm (赤)
表示 液晶ディスプレイ
分解能 0.01mW
電源 単3電池 x2

オプトジェネティクスでは実際に光ファイバー先端から何mWの光が出力されているかを実測することが重要です。LPM-100はオプトジェネティクスでよく用いられる青、緑、黄、赤の4色の光パワー測定に対応しています。アナログ出力付です。簡単操作、携帯に便利な電池式です。

型式 品名
LPM-100 光パワーメータ

テレオプト用6chハブ


テレオプトを使った実験で効率よく検体数を稼ぐために開発されました。テレオプトリモコンのEXT端子にハブを接続すると、最大で6個の赤外線投光器を接続できるようになります。また、壁の高い十字迷路など赤外線が届きにくい構造の迷路で実験する場合にもこの方法で複数個所に赤外線投光器を設置でき、より安定した光刺激を行えるようになります。


その他アクセサリ

テレオプトチャージャー

型式:TeleCharger

複数の受信機を使う場合は いくつか追加すると便利。

赤外線投光器

型式:TeleEmitter

距離3mの強力タイプ。

クリップ型赤外線投光器

型式:TeleEmitter-C

距離1m。細かい場所に。

カニューラ埋め込みツール

型式:TeleTool

LEDカニューラ埋込用治具。

ステレオに取付。φ1.5mm。


ダミー受信機

型式:TeleDummy

重さに慣れさせるために使用。

商品リスト